Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころの暦(4)

相田みつをさんの「こころの暦」、17日の言葉は
『毎日少しずつ それがなかなかできねんだなあ』です。

毎月、17日にこの言葉を見る度、そうやねん、そうやねん、わかってるねん・・・とつくづく思うのです。

あたしの最大の欠点は、整理整頓が苦手な事。
あ、いやいや、他にもたくさん欠点がありますし、第3者の目には、もっと大きな欠点があるやろ!と突っ込まれることもあるかもしれません。
が、あたし自身が、常に反省しながらも治すことのできない、最も自分の嫌いなところがこれなのです。

いろんな物が積み上げられてしまっています。
積み上げる前に、捨てる物と残す物を、きちんと分別すれば良いのですが、それが、そんなに簡単なことが、この種の人にはできないのです。
積み上げた山が大きくなると、また別の所に山が生まれてきます。
そしてまた一つ、また・・・・と、家の中に山がいくつもできてしまいます。

さすがに、これ以上山を増やしてはならぬ!と自分で自分を戒めるのです。
山を減らそうと努力するのです。
しかし結果は、山と山が合体して、なだれを起こした部分だけを仕方なく処分するといった具合です。

一方、やっちゃんはと言うと、正反対です。
なんでもキッチリと整理する人なのです。
ですので、「ここは俺のコーナー。オマエは近づくな~」と勝手に決めているエリアは、常にピシッとしています。
乱れることはありません。
ですので、大事な物については任せています。
ちゃんとファイリングされていたり、キチンと箱に収まっていたり、とにかく正しく整頓されています。

11月も半ばを迎えた今日この頃。
そろそろ、やっちゃんのチクリと刺すような言葉が聞こえてくる頃です。
「これ、どうするつもりやねん・・・」と。

自分に言い聞かせています。
毎日、一つずつ山を整理していけば、年末までには片付くはずなのです。
毎日、手にするものをどこかに置く前に、どこにあるべき物なのかを正しく判断し、その場所に収納すれば、こんな山にはならないのです。

今から始めれば、12月後半、ゆっくりとクリスマスを楽しみ、お正月の準備に勤しむことができること、重々承知しているのです。

それがなかなかできねんだなあ・・・・反省!
スポンサーサイト

こころの暦(3)

相田みつをさんの「こころの暦」、8日の言葉は「その時、どう動く」です。

ここしばらく、仕事が山積みでかなり多忙な日々を送っています。
「心を亡くす」とよく言われる「忙」の状況でありますが、決して心をなくすことはないと、あたしは思います。

やる事が多いと、物理的な時間の余裕がなくなるのは事実です。

気分転換の、ブログ用の駄文を書く時間がありません。
売店で、キャンペーン商品の旨そうなお菓子を物色する時間がありません。
今夜のおかずは・・・とレシピサイトをうろつく時間がありません。

今、こんなにやる事があるのに、まだ次々と依頼してくるのかよ・・・とぼやいてみますが、実は、仕事の山を追いかけることに快感を感じる性質(タチ)なのです、あたしって。
以前のように、目標の数字を追いかけたり(英会話の講師って、教えるだけじゃぁなく、実は・・・なんですよ)、企画・運営で頭を悩ませたり(前にチョロッと書いたフランスの会社ではそんなこともやってました)、そんな大きな責任が課せられているわけではありませんが、次々と片付けなければいけない仕事が多ければ多いほど、燃えるのです。

「仕事に追われる」とか「数字に追われる」という表現がありますが、あたしはあまり好きではありません。
追っかけられて逃げるのではなく、あたしが目標の数字を追いかけるのです。一つ一つの仕事を追いかけて潰していくのです。

今の仕事は、あっちこっちの部署から、あれやらこれやら、いろんな種類の仕事の依頼を受ける、「PC業務なんでも屋」のようなサービス業務を担当しています。
HP作成、アンケート集計、写真の加工やプレゼン資料の作成等々。
テープ起こしもすれば、時にはちょいとした翻訳などもあり。
ほんとに「なんでも屋」で、バラエティに富んでいる今の仕事、なかなか楽しいものなのです。

あっちこっちの部署から依頼が来るものですから、依頼して下さる方は、あたしの現在の状況なぞ、ちっとも気にもかけてくれません。
どんな仕事を今かかえているかなんて、全くおかまいなしです。

だからと言って、「できません」と断りたくもありません。
そこで、「その時、どう動く」なのです。

仕事量を見積もり、納期を確認し、その都度優先順位を細かにチェックします。
30分や1時間くらいで出来るような仕事なら、うまく割り込ませます。
が、依頼者には「すみません、今立て込んでるんで、ちょっとお時間いただきます」と言っておきます。そして予想外に早く仕上げてお渡しすれば、それだけで株が上がります。
ややこしい資料をまとめることなく、ええ加減なまんま、口頭で説明するだけで丸投げする方もいらっしゃいます。その方には「すみません、あたしの判断では間違ってしまうかもしれないので、これとこれと、こんな風にまとめていただければ、間違いなく作業できるのでお願いできますか?」と言って、面倒な部分を自分でやってもらっちゃいます。

まぁ、いろんなケースがあるわけですが、忙しい時だからこそ、心を亡くすことなく冷静な「瞬時の判断」が必要なわけです。

休憩も無しにパソコンと向き合う今日この頃ですが、おかげ様で、一つの依頼を断ることなく、一つずつ着実に潰しています。
そして、「さっちにやってもらったら、キッチリとやってくれるから助かるわ~」と依頼者に言わせて、よっしゃぁ!と心の中でガッツポーズです。

多忙な時ほど、このガッツポーズの数が多いわけですから、そりゃぁその充実感たるや、か・い・か・ん!そのものです。
忙しい時だから「その時、どう動く」かをうまく判断して、上手にやりくりしていきたいものです。

こころの暦(2)

相田みつをさんの「こころの暦」、月末31日のことばは「おかげさん」です。
このひと月、おかげさんで無事に過ごすことができました・・・の気持がこもっているのしょう。

もともと「お陰さま」というは、神さんや仏さん、ご先祖さんという偉大な力の陰で、我々がその恩恵や庇護を受けている、という意味だそうです。
目に見えない力で守られている、という思いが「おかげさまで・・・」という言葉に表されたのでしょう。

ところがおもしろいことに、悪いことが起った時にもこの言葉を使います。
「おかげさんで、えらい目に遭った」という風に。
えらい目に遭ったのは自分のせいではなくて、何かしらの力でそうなったんだ・・・と、責任転嫁するには、うってつけの言葉です。
ある意味では、少しだけ心を楽にするための魔法の言葉かもしれません。

こんなブログに訪問くださり、あぁだこぉだと反応を下さる皆さん、おかげさんで、また何か書こかいなぁという気になれます。
電車の中で不愉快な行動をとってくださる皆さん、おかげさんで、ネタができました。
インターネットという便利なもの、おかげさんで、ほんとうに沢山の情報を得ることができます。
パソコンという文明の利器、おかげさんで、目ぇがえらい悪ぅなってきました。
パン教室にケーキ教室、おかげさんで、カロリーオーバーの危機です。
昨日初めて行った眼科の感じ悪い先生、おかげさんで、どっか他の眼科を探さなければなりません。
あ、でも、おかげさんで、次の「ドクトル・ウォッチング」が書けそうです!

おかげさんで・・・おかげさんで・・・

会話の中に一言添えるだけで、良い意味でも悪い意味でも、言葉に柔らか味を加えてくれる、そんな不思議な言葉です。

こころの暦(1)

我が家のトイレにぶらさがっている、相田みつを「こころの暦」に因んで、あれこれ思うことを綴ってみようと思います。


なやみはつきないな、生きているんだもの

子供のころは、宿題やテストの度に小さな心を痛めていました。
大人になれば、きっとすべてが解決すると信じていました。
社会人になれば、宿題やテストの脅威から開放される。
自由でのびのびとした毎日が待っているのだと、そう信じていました。

大人になりましたが、心を痛めることは尽きません。
期日までの資料作成、スキルアップを目指したテストなど、結局同じようなことで悩むのです。
それどころか、大人になったがために人との関わりも複雑になり、人間関係で頭を痛めることも出てきました。
次々と絶えることなく、悩みはあたし達にまとわりつきます。
あんなに「大人になれば悩みなんてなくなるんだ!」と信じていた日々のほうが、ずっと自由にのびのびとしていました。
この年になったからそう思える、なんとも悲しい矛盾であります。

人間っていうのは、生きている限り常に悩み続ける運命にあるのです。

しかし、その悩みをひとつひとつ克服することで、少しずつ、少しずつ、成長を続ける生き物でもあります。

とってもとっても悩んでいたわけではありませんが、多少のコンプレックスはありました、あたしの「おでぶ人生」。
「痩せたらきっと、流行の洋服が似合う、ナウイ女の子になれるはずだわ!」と信じていました。
痩せたことで、コンプレックスはなくなりましたが、流行の洋服なんて、ぜんぜん興味のない年頃になってしまいました。

そんなことよりも、この眉毛が悩みになりました。
描くのに一苦労します。
毎日、微妙に形が異なります。
あぁ、いやだ、今日の眉毛・・・って思うと、一日が全然楽しくありません。
お友達は、「アートメイク」とやらを施術したことで、いつもキレイな眉毛をしています。
うらやましいなぁ・・・・
と思いつつ、日々努力を続ける「眉毛描き」。

眉毛がかっこ良く描ければ、こんどは髪型に悩まされます。
なんだか今日ははねている、おさまりがつかないわ。
なんでここだけ、あっち向くのさ!
あっ、白髪発見・・・抜こうか、切ろうか、放置しようか・・・・

こんなことで毎日悩んでいるようでは、あたしの今後に成長は期待できません。
やれやれ・・・

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。