Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵心希望

今日、なんだかドンドンと音がします。
上階の子供ちゃんが走り回ってる?
いやいや、違いますね、この音は。
きた、きた、きた、きた!!とだんだん体に伝わってくる地震の響き?
いやいや、それも違いますね。
何なんでしょう、一体・・・
と思いながら、洗濯物を干しにバルコニーに出ました。

花火だ~~~!

そうです、今日8月10日は、宇治川の、あの10円玉の裏の平等院がある宇治の宇治川で、花火がある日です。
その音が、けっこう遠く離れたウチにも響いてきて、バルコニーからも見えるのです。
でも、ショボイ・・・

実際に宇治川まで行くと、すごいのですよ、この花火。
川原に寝っころがって見物したことがありますが、空から降るがごとくに見えるその光景は、ただただ「すごい~」でした。

なんて書いたところで、全くおもしろみがありません。
この季節、日本中のあちらこちらで花火があるのです。
「宇治で花火がありました」なんて書いたところで、それがどうした、って思うだけですね。
「ウチからみえる花火、ショボイんです」と言ったって、ふぅ~~~ん、あ、そうって感じです。
「ひねりなさい、もっと、ひねりなさぁい!」
って、嘉門達夫の声が聞こえてきそうです。(これ、通じるでしょうか・・・)

たかが花火、これ以上ひねることもできないのですが、絵心があれば、このウチからみえる花火のショボサを、少しはおもしろ可笑しく伝えられるかもしれないのに・・・とふと思いました。

ところで、絵心というものは、生まれ持った才能なのでしょうか。
あたしには全くと言って良いほど、ありません、絵の才能。
ささっと何かを描くことができる人が、とってもうらやましいと思うのです。

最近見てまわってるブログの中に、とっても楽しい絵をアップされてる方がいらっしゃいます。
作者さんの許可も得ずですが、勝手に紹介しちゃいます。

喫茶 うだうだ
なんだかほわ~~~んとした感じになれるイラスト、とてもかわいいのです。

いぢわるこみ箱
文も絵もとっても楽しい!思わずプッと噴出すこと、多々あります。

上記のお二人とも、毎日欠かすことなくアップされてますので、ただただ、尊敬するばかりです。

このお二人にかかれば、このどうでもいいような花火、ショボイ花火でさえも、ちょいとひねったおもろい絵になる・・・・かもです。
分けていただきたいです、その才能!!
スポンサーサイト

下心撃沈

3台目のデジカメを買いました。

1台目を買ったのはもうずいぶん前のこと。「そんなにデカイの、今は売ってへん」って言うくらい、デカくって重い。
持ち歩く時に使う単三電池、すぐにへたってしまう。
今どき、こんなデジカメ・・・と言うような代物です。
だけど、けっこうあたしは好きです。液晶モニターがクルリと180度回転するので、自分で自分の顔を撮る時にとっても便利なのです。
モニターを見ながらちゃんと枠の中に顔をおさめ、いい表情を作り、目線だけそっとレンズに向け替えて、シャッターを押す。
新しい小型のデジカメにはできない技です。
とは言うものの、自分の顔写真を撮って、ブログにアップして、ネットアイドルを目指す!というわけでもあるまいし、いったい何の役に立つのでしょう?

2台目を買ったのは2002年の春先だったかと思います。
当時、派遣社員として勤めていたカメラのメーカーが、最新の小型デジカメをリリースしました。
その時の広報活動に、ほんの少しだけ関わるお仕事を担当していたこともあり、関係者ラッキーで、わずかですがお得に購入することができました。
確かに小さくて持ち運びには良いのですが、いざ使ってみると、アレ?こんなはずでは・・・ということも少しありました。
それでも、小さなボディはかばんの中で邪魔にならず、お出かけする時に、かなり活躍してくれました。

先日、3台目を買いました。
手振れ補正機能が付いている品物です。
時代とともに、いろいろとカメラも進化しているものです。
以前の物に比べて液晶モニターが大きく、ボタンの位置なども手になじみやすく、うちのやっちゃんはえらく気に入っています。
この手振れ補正機能、かなりのものです。
わざとカメラを揺らしながらシャッターを押しても、それなりの静止画像が撮れました。

偶然にも、この手振れ補正機能を開発された方を知っています。
先日お会いした時に、カメラを購入したことを報告し、そのすばらしい機能について誉めまくってみました。

さっち:「あれはすごいです!あんなに揺らしてもブレませんでした~」
開発者:「それはよかったです」
さっち:「さっすが!ですね~」
開発者:「ありがとうございます」
さっち:「またすごいのん、開発してくださいね!」
開発者:「がんばります」
さっち:「ウチ、夫婦で一台ずつ持ちたいんで、一台ちょうだい!」
開発者:「・・・・・」

ここで「よっしゃ、まかせとき!」と一台プレゼントしてくださったなら、このブログを介して大宣伝プロジェクトを展開して差し上げるのに。
・・・って、そんな事しなくても、充分売れているようですが・・・

満面の笑みでおねだりしてみましたが、失敗に終わりました。
開発者たるもの、オンナの下心に満ちた笑顔なぞに、まったく興味も示さず・・・といったところですかね。
ちっ!

「ブログを始めた動機」

とにかく、どんなものか試してみたくって、つい数時間前にブログを立ちあげたばかり。
数年前にはHTMLを学習し、こまめにホームページを作っていました。
今では、そのホームページ作りが仕事の一部となり、また職場以外でも依頼をうけて作ることもあります
ところが、自分のホームページとなると、もう面倒で・・・
デザイン考えたり、いろんなスクリプトを試したり、お仕事だけで十分。
だけど、日記を書いたりBBSでやりとりしたり、そんな日々がちょっとなつかしかったりしていました。
ブログが主流になってきた昨今ではありましたが、イマイチ、ブログなるものの実態もわからず今日まで過ごした次第。
なにげに登録してみようか、と思い、設置してみました。

何事も経験。百聞は一見にしかず。
とにかくやってみなけりゃ、わかるものもわかりませんからね。

ほぉ~、簡単に書けるじゃない。
へぇ~、日記とBBSが一体になったようなものなんだ。

今頃、そんなことに感心しています。

そして、「トラックバックテーマ」なるものを発見。タイムリーにもテーマは「ブログを始めた動機」。
これ、乗っておかなくちゃ!
ということでトラックバックの初体験!
どないなものなのか、正直、まだわかってませんが。。。
ちょっと楽しそうだわ♪

第二印象(本家日記:070627)

「人は見た目が9割」という本が話題になっている。興味をそそられる。近日中に読んでみるつもり。

人でも物でも、第一印象が大きく評価に影響するのは当然のこと。だけど、それが全てではないという認識を忘れてはいけない、ということは、頭の片隅でわかっている。でもやっぱり最初の印象をひきずってしまうことも事実。

だけど、細胞が単純にできているのだろうか、あたしって。何かのはずみで、その第二印象が第一印象と180°違うことがある。まったく正反対の評価をすることになり、「物事、やっぱり第一印象で判断したらあかんよね」と第二印象をほぼ全てと信じてしまい、9割を占めることになる。これが5割、6割に留まれば、バランスの良い判断を下すことができるのだろうけれど、それが9割を占めてしまうのだから始末が悪い。

すると次に起こる現象は、何かのはずみでまた第一印象に戻る。そして「やっぱりだまされたらあかん。第一印象を信じなあかん」と思う。そしてまたなにかのはずみで・・・・プラスとマイナスを行ったり来たりで心が疲れてしまい、その元となった物体あるいは人物については、もうどぉでもよくなって、私の視界から追放しちゃうことになる。

もっと賢く物事を判断できればよいのに・・・不器用なのかなぁ、あたしって。

で、今、第一印象からの評価が変わりつつあるものが・・・ブ・ロ・グ!
もうずいぶん前から、「ブログって何やねん、このわかりにくいのん」と、「あたしに近づくな!」くらいの勢いで毛嫌いしていた。

今日、たまたま何かを検索したときに出くわしたあるブログ、これが見やすくって、記事もおもしろく、一気に目を奪われた。無駄なリンクや広告がなく、スマートなサイトであった。すると、へぇ~これブログってやつ?どれどれ、何がどうなってつながってるんだ?という興味がわいた。そのついでに「ブログとは?」みたいなサイトを探したり、無料のブログが使える良さげなサイトは?などと検索してみたり。なんだかとっても気になるモノになってきたかも。

でも、これで一気にプラス9割!なんて評価してしまうと、またややこしいブログに出会った時に心が乱れてしまうだろうから、ここは冷静に判断を。

なんてことをあれこれと考えているわけだけど、ブログごときであれこれ考えてるあたしって、なんだかなぁ・・・・時代にしがみつかなくちゃっ!という焦りか?

時代にしがみつけっ!(本家日記:070624)

以前のあたしは、どちらかというと、時代についてってた。
というか、同年代の友達より、いろんな新しい体験をしていたように思う。
結婚が遅かったこともあり、仕事をしながら、いろんなことを体験するチャンスに恵まれていたワケ。

約20年ちょい前、まだパソコンが今のように普及していなかった時、あたしはMS-DOSとは何ぞや?データベースって? なんてことに接しながら、アルバイトをしていた。カプラ(だったっけ?)とかいうモンに電話の受話器をカパッとはめこんで、電話回線を使い、どこぞにある文献とやらを収集するという、信じられない風景を目の当たりにしていた。

そしてワープロの時代が到来。初期の家庭用ワープロ専用機って、たったの10行くらいしかディスプレイで見る事ができなかったって、もう忘れ去られた事実かしら。
当時の私の職場で、ワープロを操るのはあたし一人。モノを教える仕事をしていたので、テキスト作成に大いに役立った。ちっちゃなスキャナまで搭載された珍しい機材を持っていたので、音楽テープのインデックスまでも、レコードジャケットから取り入れてコマメに作っていた。

次に転職した職場は外資系企業だったせいもあってか、1人1台のマッキントッシュが与えられた。まったく抵抗なく使うことができた。まだまだ巷では1人1台なんて時代ではなかった。Eメールなんて知らない人が多い中、海外と時間を気にしないやりとりを行っていた。

そうこうするうちに、Windowsの時代。インターネットが普及しはじめ、職場でもホームページ作ってみる?ということから、あたしのホームページ作りへの第一歩となったわけ。

パソコン以外でも、海外を一人で旅したり、おいしいモンを食べ歩いたり・・・
既に結婚して子育てに追われる友人達からみると「ついてけへんわ」と思われるオンナだったらしい。

ところが今のあたしってば・・・
携帯電話にカメラついてません。
携帯メールもショボイ契約しかしてないので文字制限があり、電報みたいな文しか送れません。
当然のことながら、携帯でインターネットなんてできるわけありません。
ビデオデッキに代わりハードディスクを買ってから、自分で録画できません、それどころか再生の仕方もわかりません。
ブログの構成、イマイチわかりません!!!

こうして日に日に、時代遅れとなっていくのね。
いやぁ~~~~っ!!!

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。