Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにぎり

「もう、お腹いっぱい~~」と言いながらも、目の前におにぎりがあれば、ついつい手が出るっていうことがあります。

今朝、NHKニュースの特集でやっていたお話しです。
北海道の小学校だったと思いますが、給食のご飯がずいぶん残るのだそうです。
子供達が食べやすいようにと、混ぜご飯にするなどの工夫をされるのですが、それでも残る量はあまり減らなかったそうです。
子供たちにインタビューすると、「お腹いっぱいで食べられない」という答えが返ってきていました。
そこで、給食の時間になると、給食のおばちゃん達が各教室を回り、残っているご飯を、おにぎりにするのです。
すると、すべてのご飯が子供達のお腹に消えていき、残りご飯がなくなったということです。

おそるべし、おにぎり・・・

やっちゃんの実家にみんなが集まるとき、家に到着して一番にやることが、おにぎり握りです。
やっちゃんの兄嫁、やっちゃんの姉、あたし、の3人が、1升炊きの炊飯器をぐるりと囲んで、アホ話をしながら熱々ご飯を握ります。
少々小ぶりのおにぎりを、数多く握ります。
お皿に積み上げたおにぎりは、食事の時間に関係なくテーブルの上においておくと、知らないうちになくなっています。
そして再び、1升のご飯を握ります。
軽く2升のご飯が食事以外に消費されていきます。

おそるべし、おにぎり・・・

以前、ドイツの友達を訪ねた後、朝4時の電車で一人旅に向かいました。
友達がお米を買っていてくれたので、それを炊いて、おにぎりにして持って出ました。
南ドイツの観光町に到着し、きれいな景色を見ながら食べた、朝ご飯のおにぎりのおいしかったこと!
人のよさそうなおじさんが、「何を食べてるんだ?」と尋ねてきました。
「ヤパーニッシュ ライス バッル。 ダス イスト ゼア グート♪ ビッテ!」
(日本のライスボールです。すごくおいしいの♪どうぞ!)
通じたのかどうだかわかりませんが、一つ差し出すと、おじさん、おそるおそる食べ始めました。
首をかしげながら、「ヤァヤァ ゼーア グート!」(うんうん、おいしい!)と食べていましたが、本当においしいと思ったかどうかはわかりません。
ヤツらにこのおいしさ、わかってたまるか!って思います。

何も具は入ってなくっても、炊きたてご飯を塩で握ったおにぎりは絶品です。
日本人でよかったぁ~って、心から思います。
人生の最後に食べたいものの候補ナンバーワンは、熱々ご飯のおにぎりかもしれません。

おにぎり、万歳!
スポンサーサイト

白鳥

Crème pâtissière
Crème Chantilly
Pàte à Choux
Ooo la-la!
Choux à la crème "Cygnes"  
C'est bon  
J'aime beaucoup ça

クレム パティスィエール
クレム シャンティ
パート ア シュー
ウーララー!
シュー ア ラ クレム スィーニュ
セ ボン
ジェム ボク サ

なんだかロマンティックな香りが漂います。
おフランスの言葉って、本当にポエティックだな、って思います。
意味は・・・というと・・・

カスタードクリーム
ホイップクリーム
シューの皮
ワオォー!
白鳥のシュークリーム
おいしい~
あたし大好き!

子供が書く詩よりレベルが低い、単語の羅列でしかないのですが、文字さえもがロマンティックに見えます。
フランス人になった気分で、ちょっとお口をとがらして声に出して読んでみると、不思議なことに単なるこの単語の羅列が「Chanson(シャンソン)」に聞こえます。
そして、エッフェル塔やモンマルトルの風景が目に浮かびます。

あたし達が子供の頃、ケーキ屋さんのショーウィンドウで、白鳥の形をしたシュークリームを見たことがありました。
あれは特別のシュークリーム。
ちょっとやそっとでは、買ってもらえない、特別のシュークリーム。
そう信じ続け、口にすることがないまま年月が流れました。
白鳥のシュークリームのことなんて、すっかり忘れてしまいました。
もう、どこのケーキ屋さんでも見なくなりました。

その白鳥のシュークリームを作りました。
ケーキの教室で、作りました。

「なんで白鳥なんやろ、今時・・・」と思いました。
でも、白鳥だから学ぶことができました。
首のラインの絞りの難しさ。
いい格好の頭を絞ることの難しさ。
白鳥の背中にこんもりとホイップクリームを絞ることの難しさ。
羽の形をきれに揃えることの難しさ。
首をかしげながらも、なんとか出来上がりました。

でも、頭はまんまるちいし、羽は短いし、写真は上手く撮れないし・・・
いいのです。これでいいのです!
忘れていた「白鳥のシュークリーム」です。なのです!

むか~し、昔、本をみながら手作りシュークリームに挑戦したことがありました。
その時に悟りました。

「シュークリームはお店へ行こう~!」

でも、少し自信がつきました。

「シュークリームはお家で作ろう~!」

だけど白鳥は二度と作らないような・・・気がします。

Choux à la crème

休日の朝のしあわせ

イギリス ブレッド
イタリア パーネ
インド チャパティ
中国 メンパオ
アラブ フティル
メキシコ トルティーヨ

これを見て、思わず口ずさむ方・・・
アナタもあの頃、見ていましたね、「みんなのうた」を。

パンパンパンパカパンパン パンパンパン~♪
(『パンのマーチ』 作詞:峯 陽 作曲:小川寛興)


6千年も前に、エジプトのお母さんが小麦粉を捏ねて作ったのが始まりだとか。
それが今では、こんなにもバリエーション豊かな、いろんな種類のパンを楽しむことができるようになりました。
そして自分で焼くことができるということは、この上ない喜びであります。

焼き上がりが近づくと、手にミトンをはめて、オーブンの前でじっと待ちます、その時を。
ピッピッピッの音が鳴り、扉を開けたとたんに部屋中に漂うこの香り。

生きててよかった・・・と思わせてくれる、魔法の香りです。
どんな悩みも忘れてしまいます。
怒りも消えてしまいます。
思わずニタァ~と顔がほころんでしまいます。

少々形が変でもOK。
ちょっと焦げててもOK。
6千年も前のパンに比べれば、とんでもなくおいしいはずです。

満足な朝が迎えられたことに感謝です。
神様、今日もええ匂いをありがとう~~!

060820-01.jpg

Saint-Sebastien

サン・セバスチャンサン・セバスチャンというのはスペインの地名で、石畳が美しい港町だそうです。その石畳を市松模様で表現したお菓子がこれ!ケーキ教室で作ってきた作品です。
どうやって作るのか、やってみればどうってことないのですが、最初に思いついた人はエライ!
石畳といえば、スイスのジュネーブでも「パヴェ・ドゥ・ジュネーブ」とネーミングされたチョコレートがありました。平たい、四角くカットされたチョコレート。 石畳菓子は、日本で言うなら「瓦せんべい」といったとこでしょうか。ん~~~ちょっと違うか?


そうそう、後になって思い出しました。
西洋の「瓦せんべい」は『チュイール』っていうのがあるやん!

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。