Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anthonyおじさん

<a href=http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=41838&log=200104>昨年の4月にも日記で紹介</a>した、イギリスのAnthonyが来日。
1年半ぶりに再会した。
今回は、彼の仕事仲間であるOlenkaという女性と一緒だった。

<a href=http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/4753/anthony/anthony.html>あの飛行機での思い出</a>をOlenkaに話しながら、「もう11年になるんだね」といろんなことを振り返った。

あの頃は、毎日誰かに手紙を書いていたあたし。当然のことながら、Antonyにも、毎週のように手紙やはがきを送っていた。今は、年に何度かメールで挨拶する程度になってしまったのだが・・・Anthonyは今でも、とっても大切なお友達の一人である。

50代半ばのAnthony、40代後半のOlenka、40代前半のさっち、3人が揃ったところでまず話題になったのが、母親の話。幸いにも3人とも母親は健在である。そして共通の思いは、「母にとって、いつまでたっても子供は子供。いったいあたしたちをいくつだと思っているのでしょう」という話。

海外へ行くことの多いAnthonyのお母さんは、「飛行機の中で足が疲れるだろうから、この靴下を履きなさい」となんだかワケわからん靴下を持たせるそうな。新品のまま持って帰ると、「なんで履かなかったの」とうるさく言われるので、旅先で洗濯をしていかにも使用したかのように見せるそうな。

たしか、昨年日本に来たときも、この靴下を持たされたと言ってたな・・・
Anthonyのお母さんの姿が目に浮かび、思わず笑ってしまった。

そのAnthonyの息子たちも、すっかり大人になり、長男のSimonは一昨年結婚した。靴下を持たされるAnthonyも、おじいちゃんになる日を楽しみにしているらしい。次男のPhillipは、モデルかと思うほどの美形の持ち主なのだが、今はパリに在住し、カメラマンとして写真を撮る毎日らしい。

11年か・・・
ついこの間のように思える。

Olenkaもとっても楽しい女性で、3人での食事会は大いに盛り上がった。

しかし残念なのは英語力の低下!!
こんな単語を忘れちゃった!ってことが多すぎて、フラストレーション。
何が言いたいかを説明するのに四苦八苦。
dangerousという言葉が出てこなかった時には、自分でも唖然・・・

また英会話スクールに行こうかな。
今度は生徒として・・・
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2002-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。