Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垂直女

電車で座席に座るとき、たいていの人は、背もたれに体をまかせて、楽な姿勢で乗車時間を過ごす。
深く居眠り、隣の人に身を預ける人もいる。預けられた側は、その身を押し返す人もあり、さっと身を引いて居眠りしているひとをずっこけさせる人もいる。中にはじっとがまんして、その身を受け止め続ける人もいるかもしれないが、自分もそうすることがあるから、しかたないとでも思って許しているのだろう。
いずれにせよ、座席を確保できた時は、だれもがそれなりに、気持ちよく電車タイムを過ごしたいと思っているはずである。

先日見かけた女は、だれの目にも、心地よい時間を過ごしているようには見えなかった。
座席に浅く腰掛け、背もたれからにぎりこぶし二つ分くらい身を浮かし、垂直に座っているのである。電車が揺れても、隣の人が揺れてぶつかっても、シャキッと垂直に座り、その姿勢を崩さないのである。腹筋を鍛えるつもりなのだろうか?

やがて、隣に座っている女子高生が深い眠りにおちいる。そして、全体重をその垂直女にもたせかけている。
垂直女は、耐えに耐えていた。電車の揺れに伴ない、背中が背もたれにぶつかることもあった。
が、即座に垂直姿勢に戻る。
そのまま、楽な姿勢に身をまかせることは決してしない。
時折、困ったような表情で女子高生の顔を覗きこんでみるが、女子高生はすっかりあちらの世界。
せめて、背もたれにもたれていれば、そんなに苦しむこともないのに・・・と周りの人はみんな思っていたはず。

そうこうしているうちに、とある駅に着き、女子高生は不思議と目をさまし、そそくさと降りて行った。
垂直女は安堵の表情。そして垂直のまま、静かに目を閉じた。
それはまるで、なにかの修行で座禅をしているかのようであった。

いろんな人がいるものだ・・・

«  | HOME |  »

2004-04

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。