Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ババエ?!

トミタはんという友人がいます。おっさんです。正真正銘のおっさんです。
トミタはんは不思議な人で、大して上手くもない英語でのコミュニケーション能力に長けています。

トミタはんと初めて会ったのはもう10数年も前のこと。
当時、京都に住んでいたアメリカ人のジョンという友人のホームパーティーに来ていた、けったいなおっさんがトミタはんです。
山ほどのギョーザを手土産に、まわりの外国人たちとあれやこれやとしゃべってるけど、よぉ~く聞くと、それほとんど日本語ですから。。。
でも、なぜか、外国人たちはちゃんとトミタはんとコミュニケーションできてるのです。
不思議な力を持った人です。

ジョンとトミタはんの出会いは?というと、仕事帰りのジョンが、見知らぬ酔っ払い群団に拉致されて、連れて行かれたところが飲み屋だった。その群団の中にトミタはんがいた、ということだったらしいです。
あまり日本語がわからないジョンは、最初は恐怖さえ感じたということです。
それ以来、トミタはんとジョンはとっても仲の良いお友達になりました。
今は東京で働いているジョンに、時々会いにいくトミタはんは、真にこまめなおっさんです。

トミタはんは、相変わらず次々と外国人の友達を作っているようです。

今回知り合ったお友達は、4週間という長いホリデーを京都で過ごしている、フィリピン系アメリカ人のエドガー。
エドガーがあるカフェの片隅で、一人ビールを飲んでいると、横にやってきたのがトミタはん。
その瞬間から、二人はお友達です。

今は仕事を勇退し、のんびりの生活を送っているトミタはんですので、エドガーは恰好の餌食となったわけです。
ちょうど京都や大阪でお祭りが続いていたので、あれもこれもと、トミタはんに連れまわされたエドガー。
「今回のホリデーは、とても印象深いものになった」と喜んでいました。

先日突然連絡があり、その二人の宴にあたしも参加することとなりました。
相変わらず、ええ加減な英語だけれど、ちゃんと通じるところが素晴らしい。ほんとにこれはすごいことだと今更ながらに感心しました。

トミタはん、ちょっと疲れてくると、日本語オンリーでアホな事をまくしたてて、「はい、エドちゃんに通訳しといて」と人にふってきます。
まったくお気楽なおっさんです、本当に。

あたしの語学力も、元々大したものではありませんでしたし、ここ数年は英語を使う機会もほとんどなくなり、日ごとに錆付いてきていることを実感しています。
言いたい事がスムーズに言葉にならないもどかしさを感じながらも、エドガーとの楽しいひとときを過ごしてきました。

エドガーに教えてもらったタガログ語(フィリピンの言葉)です。
「おはよう」は「マガンダンオマガ」。
“マガンダン”というのが“good”とか“beautiful”という言葉にあたるらしいです。

エドガーは、日本での正しいマナー、そう、あたしに対する正しい接し方を理解していたようです。
「You are マガンダンババエ」と優しい瞳で見つめながら言うのです。

バ・バ・エ?!?!?!

「マガンダンババエ」というのは“pretty girl”の意味なんだそうです。

トミタはん、横でケラケラと笑っています。
「ババエ~、こら、ええ言葉やなぁ。
うち、かいらしい『ばばぁ』えぇ~ってことやなぁ」ですと。。。。

なんだか、なんだか・・・です。

エドガーは来週、サン・フランシスコへ戻ります。
来年は、トミタはんがエドガーに会いに行くらしいです。
「ババエも一緒に行くか?」とのお誘い。
はてさて、どうしましょうかね。

こんな何気ない飲み会ですが、いいですね、国際交流って!
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-07

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。