Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生に一度

王監督の手術が無事に終わり、やれやれ、よかったよかった、と思ってる方々が日本中にいらっしゃることと思います。
あたしは、別に野球に興味があるわけではありませんが、子供のころから、なんとなく王さんは偉大な人だったので、やはり、よかったよかった、と思う一人です。

そして、約2ヶ月半前の出来事を思い出しています。

今年のゴールデンウィーク、あたしは一生忘れることのない体験をしました。生まれて初めて入院し、生まれて初めて手術をしました。

王さんのように大変な病気ではなかったのですが、ここ数年、そいつが悪さするために体調がすぐれないことも度々ありました。なので、意を決して切ってしまうことにしたのです。

大した病気ではないといっても、手術は手術。あたしの場合はスパッと開腹いたしましたもので、大きな傷ができてしまいました。おかげで、今までに一度も身につけることのなかった「ビキニ」ってやつ、一生身につけることもなく終わる事になりそうです。

手術の前日には、あれやこれやの準備がいろいろとあるものです。「二度とこんなこと嫌やわ~」と思うようなあんなことやらこんなこともあり。当日の朝も、バタバタのうちに手術室へ運ばれていき、あとはまな板の上の鯉ってやつですね。

今回の事で知ったことは、あたしは痛みに弱い!
というか、普通の人と感じる痛みが違うらしいことがわかりました。

手術を決意するまで、月に一度の注射による薬物療法も試していたこともあるのですが、その注射、筋肉注射ってやつですね。「これ、痛いですけどがまんしてくださいね」と毎度、毎度、看護士さんに言われるのですが、あたしはケロリとしていました。「男の人でも、うなり声をあげはるんですよ」と言われても、痛くないものは痛くないんです。

そういえば、年に一度の定期健診、バリウムを飲んで胃の検査をする時、胃の動きを止めるための注射を打ちます。これも筋肉注射で一般的には痛いと言われています。が、いつもあたしは、ケロリとしています。

朝の9時からの予定の手術の直前、8時に胃の動きを止める筋肉注射、8時半に軽い麻酔作用のある筋肉注射、「痛いけどがまんしてください」と予め知らされていたのですが、これも両方ケロリ。

「さっちさんは痛みに強いみたいやね。これなら手術の後も大丈夫やね、きっと!」と看護士さんに言われ、イェ~イとやっちゃんにピースサインを残して運ばれていったのです。

2本目の注射がかなり効いていて、手術室に入った時はすでに意識が朦朧としていました。
が、しかし、硬膜外麻酔ってやつの注射、背中に打つのですが、意識が薄れているのにめちゃくちゃ痛い!「い゛~だ~い゛~~~」ってうなっていたことを覚えています。その直後、マスクをつけられ2、3度息を吸って・・・・気づいたら全て終わっていました。

病室に戻ったのは12時前、待っていてくれたやっちゃんに「もう仕事言ってもいいよ」と話したあと、うつらうつらと眠り、次に目が覚めた午後2時頃から、戦いが始まりました。

なんだか腰がだるい・・・いや、だるいじゃなくってこれは痛いんだ。いやいや、痛いどころの話しとちゃうって、めちゃくちゃ痛いっちゅうねん!
という感じで、胴体全部がどうしようもない痛みに包まれました。あまりの痛みで息がハァハァなってしまい、過呼吸のために手や足がしびれてきました。もう、何がなんだかわからなくって、パニック状態に陥っていました。

背中に通したチューブを通して痛み止めの薬を注入すると、ふぅ~とその痛みがやわらぎました。しかし、1時間するかしないかのうちに、またあの痛みがやってきます。痛み止めの薬の注入は、最低1時間以上経ってからでないと使用してはいけないということで、それからは時計とにらめっこ。あと15分のがまん・・・10分・・・1分・・・やっと注入できる!

こんな戦いが一晩中続きました。一睡もできないまま朝を迎え、翌日も戦いが夜まで続きました。

手術翌日にはすでにベッドを降りて、病室の中を歩く練習も始まりました。ベッドのまわりを行ったり来たりして、疲れて眠ってしまいたいと、心底思いました。だけど、夜に眠り薬をもらって飲むまで、眠る事はできませんでした。

「あらぁ、さっちさん、痛みに強いと思ってたけど、あかんかったねぇ。大丈夫、大丈夫、たまにはこんなに痛む人、いたはるのよ。すぐに楽になるから、もうちょっとがんばって!」と看護士さんに励まされるものの、もうグッタリ、どうにでもしてくれ・・・と天をうらみながら、薬の力でようやく一息つくことができました。

こんなにうるさく「痛い、痛い」っていうやつは、たまにしかいたはらへんのか・・・?なんであたしがその一人になってしまったのでしょう。

次の日、目が覚めてからも恐怖です。時計とにらめっこ・・・まだ痛みが来ない、まだ来ない・・・あれ?もう何時間?全然痛くない?昨日の悪夢のような痛みはいずこへ?

もちろん、普通に歩くことはまだできないし、寝返りの度に「い゛ででで・・・」とうなってはいたのですが、あのどうしようもない苦しみはウソのように消えていました。

これがあたしの【手術:2日間の戦い】です。
一生に一度でもうたくさん!二度とあんな思いはしたくありません!

が、元通りの生活を送っている今にして思えば、良い経験だったと思います。いつも傲慢に生きているくせに、「ごめんね」「ありがとう」って何十回、何百回と口にして看護士さんたちのお世話になったのです。あの感謝の気持ちは、忘れてはいけませんね。

王さん、今日で2日目。手足がしびれるほどの痛みに苦しんだはる頃なのでしょうか。それともほとんど痛みを感じずに済んだ人だったのでしょうか。
一日も早く回復されますように・・・

えらい長い文になってしもたなぁ。。。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-07

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。