Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一歩

注目されている早稲田実業の斎藤君が、ニューヨークに到着しました。
「感想は?」との報道陣の問いかけに「アメリカだ~」という、非常に素直な答えが返ってきました。

あたしが初めてアメリカの地を踏んだのも、ニューヨークでした。
もう20数年も前、大学の夏季海外研修に参加した時のことです。
最終の目的地はバージニア州の田舎町だったのですが、到着後の第一歩はニューヨークの空港でした。

ニューヨークに到着したのは、夜のずいぶん遅い時間でした。
なんだか恐ろしい噂ばかりを耳にする大都会の空港では、巨人のように見えるデッカイ黒人さんが群れていて、小心者の我々チッコイ日本の女子大生達は、常にお互い腕を組みながら、空港内を移動したものでした。
夜も遅いし、なんだか怖い・・・
その時の感想はやはり、「アメリカだ~」でした。

匂いが違いました。
きついお化粧のおねえさん達が撒き散らす、お化粧品や香水の匂い。
黒人さん達がクチャクチャと噛んでいる、噛みタバコの匂い。
空港の独特の匂いと入り混じったあの強烈な匂いが、「ここは日本じゃない」という感覚を一層強くしたように思います。

音が違いました。
アナウンスされている音は、全く理解できません。
人の口から発せられる音も、充分に理解できるものではありません。
時には、聞いたこともないような音の連続が、同じ人間であるはずの人の口から発せられている。
一体この人の口から出ているこの音は何?規則があるの?ただの音?
口の動きをじっと見てしまいます。不思議でしようがありません。
一緒に腕を組んでる友達が、「そんなにジッと見たらあかん!!」とあたしに注意しました。
不思議な音のステレオ効果に包まれ、えらい所へ来てしまったものだと思ったものです。

その時、既にホームシックになりかけの友達もいました。
あたしはというと、少し恐怖を覚えながらも、ワクワクで胸はいっぱいでした。
匂いに、音に、巨人の群れに、自分の周りがいつもとはまったく違う空気で溢れていました。
その空気の中に、これから出会うであろうとっても楽しい未知の「何か」を大いに期待していました。
あの時のあの感覚は、今でも忘れることはありません。
外国人とおしゃべりしたいという強い思いは、あの瞬間から始まったように思います。

この度渡米した球児達の中には、初めて海外の地を踏んだメンバーも多かったと思います。
彼らのアメリカでの「第一歩」で、どんなことを感じたのでしょうか。

これからの数日間で、目に見えない世界の広さや国の違い、文化の違い、同じ人間同士の交流の大切さ、いろんなことをいっぱい、いっぱい感じて欲しいです。
そして、広い視野と、日本人であることに誇りをもった大人へと成長していただきたいと願います。

«  | HOME |  »

2006-08

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。