Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクトルウォッチング(その3)

大学を卒業後、あたしは学生時代から引き続き、中学・高校生の学習指導のアルバイトをする傍ら、昼間は大学病院の研究室でアルバイトを始めました。

木村先生は、ある外科系教室の助教授でした。
最初は、その教室の若い先生方の雑居の研究室で週に2回ほどのアルバイトを始め、その後、木村先生が専属のアシスタントを募集しているということで、あたしが紹介されたのでした。

初めて会ったその瞬間、まるで宇宙人のような雰囲気の木村先生を「怖っ・・・」と思いました。
スポック船長のような耳、鋭い目。
どこを見てるかわからないような目線のままホニョホニョと、独り言なのかあたしに話しかけてるのか、わからないような話し方。
歩くときは、まん前しか見えていない猪突猛進のイノシシのごとく。周囲のことなど全く無視して、すごい大またで突進していくので、呼び止めるのも一苦労。

こういう不思議な人が、大学の助教授になるのだなぁと、勝手に納得したものでした。

少々ビクビクしながらも、雑居研究室に加えて木村先生の研究室で、週に2回、仕事をするようになりました。
雑居研究室で、簡単なパソコン操作とワープロ操作を既に学習していましたもので、木村先生にとってあたしは、扱い易かったことと思います。
そして、子供の頃からピアノをやっていたあたしは、学生時代に英文タイプを少々かじり、指の動きはとっても速かったので、木村先生はそれをとても気に入ってくださいました。
「入力、速いですね、いいですねぇ、ははは!」

当時、「データベース」ということばが、どこにでも転がっていたわけではありません。
個人レベルでパソコンを使って「データベース」を作ろうなどと思ったお医者さんは、まだまだ多くはありませんでした。
必要な情報を、山ほどのカルテの中から探し出して、コピーして、そこからまた必要な部分を抜き出して、レポート用紙に書き出して、あるいは、せいぜいワープロで打ち込んで・・・そんな時代だったのです。
木村先生は、それを打ち破り、新しい事を始めなきゃいけない、という考えの方でした。
とにかく「速い」ことが大好きな先生でしたので。

今ではもう、よう扱いません、あんなデータベース。
「DBaseⅢ」とかいうソフトだったと思いますが、今みたいにマウスでクリック、クリック、するだけで作れちゃうようなものではありませんでした。
入力フォームを作るのも一苦労です。
左から何桁目に「”」をいれて、次にくるフィールドがこれで、何桁分のスペースをあけて・・・・
みたいなことを、事細かにプログラミングしていくのです。
先生に教わりながら、フォームを更新したり、変更したり、山ほどのカルテから必要情報を入力したり。
MS-DOS?データベース?それがなんじゃらほい?というところから始まったわけですが、それはなかなかおもしろいものでした。
これがあったから、今のあたしがある、と言える部分が非常に大きいのが事実です。

常に向上心を持ち続け、新しい技を見つけては、披露してくださるのです。
「ほら、こうするでしょ、ここクリックすると、ほ~ら!すごいでしょ、あっと言う間に出来ちゃうんですよ、速いでしょ、ははは!」
その時の木村先生は子供のような笑顔で、ほんとうに嬉しそうな表情をされるのです。
宇宙人でも、こんなに無邪気なかわいい表情を・・・と、いつも内心、思っていました。

電話回線を使ってどこぞにある文献を収集する、なんていうことは、今ではインターネットを使えばなんてことのないお話しなのですが、当時の我々凡人にとっては、魔法のような技でした。
あたしが感心する度に、研究室には「すごいでしょ、ははは!」という宇宙人の笑い声が響くのでした。

研究室での姿しか知りませんので、病棟で、あるいは手術室で、あの宇宙人がどのような振る舞いをしていたのかは想像するしかありません。
不思議な人ではありますが、看護婦さんからの悪い評判を聞いたことはありませんでした。
患者さんのことを思って・・・なのか、研究のため・・・なのか、それはわかりませんが、常に一生懸命に治療し、患者さんが満足いく結果を出しておられたことは間違いないと思います。

その後、別の大学の教授として転勤されました。
数年前に退官の年を迎えられ、今はある病院の院長として、まだまだ元気に活躍されています。
ネットで病院のサイトを訪問すると、今時は、院長の顔写真を公開してるのですね。

相変わらず・・・今も宇宙人です。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-08

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。