Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鳥

Crème pâtissière
Crème Chantilly
Pàte à Choux
Ooo la-la!
Choux à la crème "Cygnes"  
C'est bon  
J'aime beaucoup ça

クレム パティスィエール
クレム シャンティ
パート ア シュー
ウーララー!
シュー ア ラ クレム スィーニュ
セ ボン
ジェム ボク サ

なんだかロマンティックな香りが漂います。
おフランスの言葉って、本当にポエティックだな、って思います。
意味は・・・というと・・・

カスタードクリーム
ホイップクリーム
シューの皮
ワオォー!
白鳥のシュークリーム
おいしい~
あたし大好き!

子供が書く詩よりレベルが低い、単語の羅列でしかないのですが、文字さえもがロマンティックに見えます。
フランス人になった気分で、ちょっとお口をとがらして声に出して読んでみると、不思議なことに単なるこの単語の羅列が「Chanson(シャンソン)」に聞こえます。
そして、エッフェル塔やモンマルトルの風景が目に浮かびます。

あたし達が子供の頃、ケーキ屋さんのショーウィンドウで、白鳥の形をしたシュークリームを見たことがありました。
あれは特別のシュークリーム。
ちょっとやそっとでは、買ってもらえない、特別のシュークリーム。
そう信じ続け、口にすることがないまま年月が流れました。
白鳥のシュークリームのことなんて、すっかり忘れてしまいました。
もう、どこのケーキ屋さんでも見なくなりました。

その白鳥のシュークリームを作りました。
ケーキの教室で、作りました。

「なんで白鳥なんやろ、今時・・・」と思いました。
でも、白鳥だから学ぶことができました。
首のラインの絞りの難しさ。
いい格好の頭を絞ることの難しさ。
白鳥の背中にこんもりとホイップクリームを絞ることの難しさ。
羽の形をきれに揃えることの難しさ。
首をかしげながらも、なんとか出来上がりました。

でも、頭はまんまるちいし、羽は短いし、写真は上手く撮れないし・・・
いいのです。これでいいのです!
忘れていた「白鳥のシュークリーム」です。なのです!

むか~し、昔、本をみながら手作りシュークリームに挑戦したことがありました。
その時に悟りました。

「シュークリームはお店へ行こう~!」

でも、少し自信がつきました。

「シュークリームはお家で作ろう~!」

だけど白鳥は二度と作らないような・・・気がします。

Choux à la crème

«  | HOME |  »

2006-09

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。