Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指すべき将来像

森光子さんが、「放浪記 1800回公演」を達成されました。
昭和36年の初演から、45年の歳月にわたり、一つの演目を大事に大事に演じてこられました。
そして今、86歳だそうです。
どういった舞台なのかは見たことがありませんが、1800という回数を重ね、それを観に来るお客さんがいるということは、ストーリーも演出も、全てが人の心をひきつけるような魅力に満ちたものに違いないと思います。

子供のころ、「時間ですよ」や、お味噌のCMで森光子さんを見ていました。
あったかいお味噌汁と、森光子さんの優しいお母さんのイメージが重なったものです。

舞台やカメラの裏での森光子さんが、一体どういう方なのかはわかりません。
だけどテレビを通してみる限り、たおやかで上品で、86歳とは思えないほどの若々しさとかわいらしさを、誰もが認めると思います。
ジャニーズの青年達に囲まれて、嬉しそうにしている森光子さんは、誰がみてもイヤミのない女性だと思います。

一方で・・・・

同じようにジャニーズの滝沢くんに目をつけて、慣れ親しくしている占いのおばさんがいます。
森光子さんを目指しているのでしょうか、いつかはジャニーズのイケメン軍団に愛されるような、そんな将来を夢見ているのかもしれません。
が、それはちょっと、無理なのでは・・・
あの方に、森光子さんのようなたおやかさ、かわいらしさは、微塵も認めることはできません。
棘だらけでわがまま。
人の人生をあれこれ語ってはいるものの、相手が気に入らなきゃめちゃくちゃなことをおっしゃる。
気まぐれに思いつくことを、もっともらしいアドバイスとして語ってらっしゃるように、あたしには感じます。
たまにはいい事をおっしゃっているかのように思えますが、なんかとってつけたようにしか聞こえません。
「タッキーは何をやっても、許しちゃう」みたいなことをおっしゃる度に、見ている方がなんだかみじめな気分になってしまいます。

あたしが将来進む道は、どこへ続くことになるのでしょうか。
みずみずしい葉っぱに満ち溢れ、マイナスイオンを存分に発散し、集ってくる人々を癒す力を持った緑豊かな森へと続くのでしょうか。
がけっぷちにポツリと一本立ち、葉も繁らず今にも枯れてしまいそうな、栄養も乏しく痩せ細った木へと続くのでしょうか。

できることなら、森へと続いて欲しいのですが、なかなかそれも困難を極める予感がします。
あたしもけっこう棘だらけの、いけずなオンナですので・・・
だけど、少しでも森に近づくことをイメージし続けていたいなと思う、今日この頃です。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-09

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。