Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリーⅡ

現実に起こりそうなシチュエイションを想定して必要な表現を練習する、というのは英会話の授業の基本です。
が、時には、これってちょっと想像力も必要かな・・・という場面もあるわけです。
たいていの生徒は、そのシチュエイションを自分なりに解釈し、想像しながら、ターゲットとされている表現のバリエーションを身につけようと練習するのです。

ある日のレッスンでの出来事。
あたしは、あまりにも初歩的な表現を説明するための、そのシチュエイションを現実のものに想定することをすっかり忘れていました。
これくらいのこと・・・と、油断していたのかもしれません。

その日のTEACHING TARGETは、家族の紹介。

"Who is she?"

"She is my mother."

"What is her name?."

"Her name is Hanako."

たったこれだけの事を覚えてもらうのが、その日の目標でした。
この授業のために、家族それぞれのイラストを用意して、ホワイトボード上に家系図を作りました。
かわいい男の子のイラストを指さし、「いいですか。これ、80年前のヘンリーさんですよ。いいですね」というところから始まりました。
これが、英会話講師として、してはいけないことをしてしまった瞬間でした。
なんせ、相手はヘンリーさんですので。 

H: はぁ、えらいまぁ、かわいらしいでんなぁ。それ、わたしですかぁ?そんな帽子、あの頃はおまへんでしたけどなぁ。

S: はい。これヘンリーさんです。きっともっとかわいらしかったと思いますけどね(笑)

H: いやぁ、そんなぁ、まぁ、あの頃はねぇ、まぁ、かいらしかったですわ、わたしもねぇ(笑)

S: はい、そしたら、この人はだれですか?

H: それはお母さんですなぁ。

S: そうですね。お母さんです。英語ではマザーと言います。

H: まざあ・・・言いまんの?はぁ・・・こら、えらい勉強になりまんなぁ・・・


そんなにいちいち関心していただかなくても・・・と恐縮してしまいます。
 

S: おかぁさんのお名前、何でしたか?

H: ・・・・・んんん・・・・なんでしたかいなぁ・・・・

お父さん、お母さんの名前は覚えてないとのことでしたので、名前を尋ねて答えるところは、また次回の課題にしようと、急遽予定を変更しました。
とりあえず、お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん、この4つの単語だけを今日は覚えてもらいましょうと。

S: じゃぁ、これはだれでしょう?

H: それは、おじぃさんでんなぁ。

S: そうです。おじぃさんですね。おじいさんは・・・

H: デンザエモン!

S: は?

H: あのね、せんせい、おじぃさんはね、デンザエモン、いいまんねん!

S: ・・・・・・ん?

H: 伝左右衛門いう名前でんね。もう、死にましたけどなぁ。

S: ・・・・・・・

H: それでねぇ、おばぁさんも死にましたけど、シカ、いいまんね。

S: おじぃさんが伝左右衛門さんで、おばぁさんがシカさんとおっしゃるんですか?

H: はぁ、もう二人とも、死によりましたわぁ!

S: あぁ、そうですか、それはどうも、残念なことで・・・
 
生きたはったらそれはギネスものでしょう。
それに、なぜ両親の名前覚えてないのに、祖父母の名前は、しっかり覚えていらっしゃる?

ヘンリーさんを男の子に設定してしまった、あたしのミスでした。
やはり、おじいさんを指して、「これ、ヘンリーさんですよ」とすべきだったのです。
と、大反省を始める頃、水を得た魚のように、また勝手にしゃべり出していた・・・・じいさんでありました。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-09

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。