Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリーⅦ

「死ぬまで車に乗りまっせ!」と鼻息荒く話していたヘンリーさんでした。
しかし、やはり・・・事故が起きました。
家族の方から、授業をしばらく休みますとの連絡がありました。
話しによると、ケガは大したことなく、本人もいたって元気にしてるということでしたので、一安心でした。
2週間ほどして、ヘンリーさんご自身から電話があり、次週より授業に出席するとのことでした。

さて、スクールにやって来たヘンリーさんは、骨折した腕を白い布でぶらさげ、おでこにも切り傷がありました。
だけど、足取りはしっかりしていたし、話す声も元気一杯。
あぁ、ほんとにこれだけのケガで済んだんだ・・・とホッとしました。

S:事故、大変でしたね。気ぃつけて運転してくださいね。

H:それがね、先生、事故いうもんは、ほんまに一瞬の出来事ですなぁ。

S:ほぉ、そういうもんですか。

H:一時停止の場所やったんです。で、わたしがブレーキ踏まなあかんなぁって思った瞬間の出来事やったんです。

S:一時停止の線、越えてしもたんですか?

H:ん~~~あれ・・・、越えてたんかなぁ。とにかく、ブレーキ踏まなあかんと思ったその時にね、横からならず者が出て来よったんです。

S:それ、ヘンリーさんが止まらなあかん、一時停止やったんでしょ?

H:はぁ、そうです。そやから、ブレーキ踏まなあかんなぁって思ったんです。

S:てことは、一時停止やのに、ブレーキ踏んでなかったんですか?

H:そうですねん。そしたら、そいつがわたしの車の横っ腹に、ド~ンとぶつかりよったんですわ。

S:そのならず者が?

H:そうですねん、そのならず者がド~ンと。

S:ちょっと待ってくださいよ・・・ならず者は、ヘンリーさんじゃないですか~!!

H:なんでですか?

S:一時停止を無視して、ラインを越えてしまったのはヘンリーさんでしょ?止まらなあかんかったのはヘンリーさんでしょ?

H:はぁ、そうゆうことですけど、踏まなあかんなぁって思ったんですよ。

S:思ったのが遅すぎる~~!!

H:まぁ、そぉゆぅことですかなぁ。

S:ヘンリーさん、もう運転、やめなはれ!

H:先生まで何を言わはりますのや。死ぬまで運転、やめまへん!

S:先生までって・・・・ご家族の方も言うたはるんでしょ?

H:あいつらにはわかってませんのや。

S:いやいや、わかってへんのはヘンリーさんやし・・・・

いささかションボリした風ではありましたが、ケガが良くなった頃には、また運転をしていたようです。
琵琶湖一週のドライブ、行かなくてよかった・・・と胸をなでおろしました。

こうしてヘンリーさんは復活し、相変わらずのレッスンが再び続きました。

初のご対面から3年余りが経った頃でしょうか、あたしは英会話スクールを退職し、新しい世界へと一歩を踏み出すことになりました。
退職することを告げた時、ヘンリーさんはまた目がテンになり、固まってしまいました。
憎たらしくもあり、かわいらしくもあるこの翁のウルウルした目を見た時、何とも言えない寂しさを覚えました。

これでヘンリーさんとの戦いに、ようやく終止符を打つことになりました。
が、ヘンリーさんと最後に会ったのは、退職してから約半年後のことでした・・・
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-09

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。