Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー、今なら・・・・

あたしが英会話スクールを去って約半年くらいだったでしょうか。
後を引き継いでくれたゆうこ先生から電話がありました。
ヘンリーさんがまた事故に遭い入院しているとのことで、一緒にお見舞いに行くことにしました。

病室のヘンリーさんは、前回の事故の時とはずいぶん様子が違い、すっかり元気なく、ベッドに横たわったままでした。

S:ヘンリーさん、こんにちは。ご無沙汰しています。さっちですよ!

H:えっと・・・どちらさんでしたかいなぁ?

Y:ヘンリーさん、ゆうこですよ。こんにちは。ケガはどうですか?

H:あぁ・・・どこかでお目にかかりましたかいな・・・

S&Y:英会話スクールの、さっちとゆうこですよ。

H:あぁ、受付の・・・

この時、初めて人間の「無常」の姿を目の当たりにしました。
あたしは祖父母を早くに亡くしていましたので、生まれて初めて、老人のこのような姿に出くわし、ただただショックでした。
あんなにラブコールを送ってくれたヘンリーさんが、このあたしのことを認識してくれないだなんて、どうしても納得できませんでした。

ゆうこ先生と二人、言葉を無くし病院を出て、喫茶店でお茶をしながら一緒に泣いたことを覚えています。

それから間もなく、ゆうこ先生もスクールを去り、ヘンリーさんがその後どうなったかわからないまま、今日に至っています。

ご自宅に電話をしてみたい気もします。
だけど・・・聞きたくないことを聞くかもしれません。
あるいは、ウソのように復活したあのヘンリー節に、またもや巻き込まれるかもしれません。
いずれにしても、この強烈なじいさんの事は結論を見ることなく、大切な、大切な思い出として、このままずっと心に残しておきたい思っています。

今でも十分に成長したと言えるわけではありませんが、当時はほんとに未熟でした。
一生懸命すぎて、イレギュラーな事を受け入れる余裕がありませんでした。
ガンコで融通がきかず、そのイライラをどうすれば良いのか、答えを見つけることができませんでした。

だけど10年以上が経過し、少しはあれこれの経験を重ねた今のあたしなら、もっと違った見方でヘンリーさんと向かい合うことが出来る気がします。
もっともっと優しくなれる気がします。
さすがに、ドライブはお断りですが、食事や贈り物を喜んで受け入れることができる気がします。

まだボケているわけではありませんが、年老いていく両親を見るにつけ、再び人間の「無常」を実感しています。
自分自身も、昔と同じようにはできないことが増えていることを痛感します。
みんな、こうして年を重ねていくのだなぁと、つくづく感じるわけです。

ここ数年、敬老の日が近づくと、いつもヘンリーさんを思い出します。
あの頃は「軽老」とでもいいましょうか、老人を敬うという感覚があまりなく、ただ長生きしている人、という軽い認識しかしていなかったように思います。
若気のいたり、と言ってしまえばそれまでなのですが。
ですので、「反省する機会」と、「こんなにも楽しい思い出」をくれたヘンリーさんのことを、どこかに書き留めておきたくて、ここで紹介いたしました。

数々いただいたコメントの中で、映画化すれば?なんていう夢のようなお話しがありました。
考えてみました。
もし、夢が現実になったとしたら、配役どうする?って。

ヘンリーさんは、飄々とした好々爺でなければなりません。
顔かたちはずいぶん違いますが、大滝秀二さんなんてどうでしょうか。
あのなんとも言えない風貌。
まわりに漂う匂いは、ヘンリー役にピッタリです。
が、関西弁はどうだろうと考えると、寛平ちゃんや仁鶴さんが候補に上がってきました。
とにかくマイペース、イヤミがなく、かわいらしい。
そんなおじいちゃんを演じてくれる関西人、他にもいませんかね?

そして、さっち先生を演じる女優はと言えば・・・・
以前、トミタはんというおっさん友達のことを紹介しましたが、トミタはんがあたしのことを、藤山直美のようだ・・・と言ったことがあります。
顔が似てるわけではありません、誤解のないよう、ハッキリ宣言しておきます。
体型も・・・昔はあんな感じだったかも・・・今は、ほれ、ダイエットいたしましたものですから、あたしの方が細身なのです。
でも、確かにあたしも少し、姉のように感じることがある直美さん、さっち先生役はいかがでしょうか。
あるいは、もう少し若いところで考えると、オセロの中島知子さんがやってくれると、嬉しいかもしれません。
彼女も京都人です。
つっこみのタイミング、しれ~っとした目の表情、是非ともあの感じでお願いしたいと思いますね。

8回にわたり、どっぷりとヘンリーさんの世界を紹介して参りました。
これにておしまいとなります。

さて、次、何を書きましょう・・・
これほどの衝撃の後で、何を書いても色褪せて見えそうです。

~完~
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-09

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。