Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクトルウォッチング(その5)

医者と言っても人間。いろんな性格、いろんなクセがあって然りです。
だけど、最低限、これだけは守ってもらわなきゃ、と思うのは、患者や患者の家族に不信感を与えるような言動は慎んでいただきたいということです。

あたしの父が体調を崩して入院をしていた時のことです。
お盆の期間とはいえ、大きな病院はカレンダー通りに営業・・・ではなく、診療していました。
夏休みだったあたしとやっちゃんが、病院へ行きました。
担当の先生に病状説明をお願いし、その先生の外来診療が終わる時間まで、待つことになりました。
3~4時間、待つことに。
長い待ち時間ではありますが、毎日行けるような場所ではありませんので、とにかく待ちました。

ようやく先生の外来診療が終わり、お目にかかることになりました。

年は30代から40代あたりでしょうか。
顔は若いが、頭部は・・・
でも、そんなことは良いのです。毛の量なんて関係ありません。

先生、外来終わりの直後の事、そりゃぁお疲れでしょうよ。
だけど、あたし達の顔を見るなり、うっとうしそうな表情をするわけです。
初っ端から、ケンカ売る気か?って雰囲気だったのです。

入院に至るまでの経緯等を一通り説明してくれるのですが、とにかく「あんた、なにをそんなに興奮してるの?」と言いたくなるような語調で、あたしの目を穴があくほどに見つめながら話すのです。
なぜか唇は震えてるし、説明はよくわからない。
心を患っていらっしゃるのかしら・・・という感じだったのです。

ハッキリ言ってしまうと、この人、家に帰ったら、お人形さんと遊んでるんじゃないかしら・・・と思ってしまうような、ちょっと危険な臭いがする、そんな先生だったのです。

うちのやっちゃんが一緒にいてくれたからよかったけど、あたし一人であの先生と向かい合ってたら、きっと途中で部屋を出ようと思うくらい、キショクワルイ先生でした。

病名はわからない、原因もわからない、ただこういう症状ですということしか言えないと。
原因となる病気の可能性がいくつかあるので、これからの検査で解明するかな・・・という状況でした。

実は、父は以前にも同じような症状で、別の病院だったのですが入院したことがあるのです。
その時にも同じような説明を受けていましたので、あたしは言いました。
「前の病院でも、その説明は聞きました。検査の結果、どこも大丈夫だったんですけどね・・・で、すっかり良くなってたんです。どこか、悪くなったのかなぁ・・・」って。
するとその先生、更に唇を震わせて、こう言うのです。
「それじゃぁ、その病院に行って、データでも何でも持ってくればいいじゃないですか!」と。
目は血走って・・・・るかのように、あたしには見えました。

は?
なぜゆえに、先生、そこでキレちゃうの?
キレる必要、ありましたっけ?
あたし、間違ったこと、言いましたっけ?

もう、あたしも話しする気分じゃぁなくなり、とにかくよろしく頼むということだけ言い残して、帰ってきました。

数々の医者と会ってきましたが、あんなキショクワルイ先生に出会ったのは初めてです。

うちのやっちゃんは、なかなか出来た人なんです。
なので、しょっちゅうブツブツと文句を言ってるあたしと違い、めったに人の事を悪く言わないのです。
そのやっちゃんが言いました。

「あの先生、おかしいで・・・なんやねん、あの態度」って。

やはり、変なのだ・・・
アイツは変なのだ!

どんな医者であれ、元気な体にしてくれれば、それはそれで良いのですが・・・
父の体調は、あまり良くないままです。

いろんな医者がいるでしょうが、患者の家族にケンカを売らないでくださいませ。。。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-09

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。