Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の香り

子供の頃から、夏のギラギラの太陽が好きでした。
年頃になっても、真っ黒に日焼けする事を気にせずに、テニスだ、海だ、湖だ、信州だと、真夏の遊びを満喫していました。

そんな夏の太陽がパワーダウンする季節、9月は最も嫌いな季節です。
暑い日もあるけれど、あのギラギラほどの力もなく、朝夕がぐんと涼しくなり、過ぎ去る夏を惜しむばかりの、寂しくて寂しくて、しかたのない季節なのです。

以前、フランスの企業で働いていました。
その時、ユーザー向けのニュースレターを作っていました。
ちょうど9月、まだ編集が終わっていないのに、原稿が揃う前に「編集後記」を完成させていました。
そこに、9月は嫌いなんです・・・ってことをツラツラと書いていたんです。

原稿が揃い始め、フランス人の経理部長の原稿が手元に届きました。
彼の原稿にはこんなことが書いてありました。

ヨーロッパでは、9月はスタートの時です。
新しい年度が始まります。
夏の終わりと共に古い1年が過ぎ去り、いよいよ新しいことが始まるぞ!という気合に満ちた月です。
我々も気分を一新し、新しい事への挑戦に胸が躍っています。

みたいなことがツラツラと。
これ、あたしのコメントとあまりにも食い違っているので、あたしが身を引き、編集後記を書き直すか?とも思いました。
が、1枚のニュースレターに、こんな正反対の感想が書かれているのも、これ、外資系企業ならではのおもしろさでは?と思って、そのまま発行しました。

案の定、「フランス人は、こんな風に感じてるんやなぁ。まぁ、僕はさっちさんと同じ日本人やから、なんか9月は寂しいねん。でも、このチグハグ、おもしろかったわ」との感想をいただき、よっしゃぁ!と心の中でガッツポーズでした。

その9月が過ぎ去り10月。
行く先々でキンモクセイの甘い香りが空気に充満しています。
この匂いに包まれると、9月のあの寂しさに満ちた暗い心がカラッと晴れます。
そして、スッコ~ンと澄んだ青空の下、大きく息を吸い込みます。

秋です!
何を食べてもおいしい季節です。
色とりどりの自然が美しくなる季節です。
炊き込みご飯、焼き芋、焼き栗・・・
そして真っ赤な紅葉が見られるのも、間もなくです。
そう思うと、ウキウキと楽しくなります。

キンモクセイの香りが、こんなにも気分を変えて幸せにしてくれる事に感謝です。

学生のころ、キンモクセイの香りのコロンが流行りました。
友達の一人が、そのコロンを一年中愛用していました。
それはあかんやろ、ピコレットやあるまいし・・・・と心の中でつっこんでいました。
この季節になると、いつも心に浮かぶ思い出のひとつです。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-10

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。