Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPER BAD MORNING

すばらしい秋晴れの朝です。
高く澄みわたった青い空に、ところどころ、不思議な形の雲が浮かんでいます。
こんなに良い気持で始まる一日は、きっと気持の良い一日になるはずと、なんだか楽しい気分で駅に向かいます。

あたしは、朝の45分間を各駅停車の電車で過ごします。
快速に乗ろうと思えば、あと10分余りを家でゆっくり過ごせます。
だけど、この10分を早く出ることで、不意の電車の遅延にもうまく対処することができ、遅刻を回避できたこともしばしば。
それに、この各駅停車はあたしの駅発ですので、100%座れるというワケ。
ですので、何事も起らなければ、チンタラとした各駅停車での45分は、何を考えるでもなく、まったりとした時間を過ごすことができるのです。
特にこんな良いお天気の日は、電車が込み合って来るまでの数分間、窓の外の風景をボォ~と眺めているだけで、一日を過ごすに必要な元気が沸いてくるのです。
あわただしい朝だからこそ、ゆったりと過ごせることがありがたいのです。

ところが・・・
そんな最高の気分も、コテンパンに破壊されてしまいました。

7人がけのシートとはいえ、大きな殿方が7人座ると、かなり窮屈になってしまいます。
女性が2~3人混ざれば、7人かけても、さほど苦しくはありませんが。
朝のあたしの定位置は、ほとんどがおっちゃん。
ですので、たいていあたしを含めて6人が、7人がけのシートに座っています。
ところが、今朝、あたしの右横に乗り込んで来た兄ちゃんは、その暗黙のルールを打ち破ろうとした男でした。
あたしが端から2番目で、その兄ちゃんが3番目。
4番目に、どう見たって大人が1人座れるスペースではないスペースを、その兄ちゃんは作ろうとがんばったのです。
ある意味、正義感に満ち溢れた兄ちゃんなのかもしれません。
5番目のおっちゃん、6番目のおっちゃん、それぞれがもう少しずつ、窮屈を覚悟であっちに詰めてくれれば、4番目のスペースに女性ならなんとか座れるかな・・・という隙間になったのですが・・・
5番目のおっちゃんも6番目のおっちゃんも、そしてあっちの端っこの7番目のおっちゃんも、いつも通り、6人のつもりで座っているのです。
なのに、あたしの右横に来た3番目の兄ちゃんは、4番目のスペースを作るために、あたしの方へ寄って座ったのです。
こっちに詰めすぎです!状況判断しろよ!!
見ればわかるでしょ・・・どうみたって、4番目に1人入れるわけないのです。
ならば、もう少しそっちへ寄ってくれれば良いのに、こちらにピッタリくっついてくるのです。
そして、あたしの左側の、つまり1番目のおっさんはいつものごとくに、足をドカンと広げてるし、3番目の正義感くんも、いつしか居眠りを始め、足がドカンと広がり始めます。
その間に座っているあたし、どれほど窮屈な思いをしたか、わかりますか?
イライラ・・・

悪いことは、続けさまに起るものです。
こんなに良いお天気、そりゃぁ、遠足日和ですとも。
ですけど、朝のラッシュ時に、電車に乗って遠足に出かけるのもどうかと思うのです。
二つめの駅から乗ってきました、小学校3年生くらいのガキ共が。
先生がいくら注意しても、興奮しているガキ共がおとなしくするワケがありません。
大きな声でワァワァとはしゃぎます。
まだ込み合ってはいないので、ガキ共はウロチョロウロチョロします。
電車の揺れに揺られて、人の足を踏みまくります。
イライラ・・・

その次の駅で、高校生の男の子が乗ってきました。
彼はいつも、ドアの付近を定位置としています。
が、今朝はその定位置を、ガキ共に占拠されてしまったものですから、しかたなく吊革にぶら下がりにやってきました。
あたしの目の前。
彼の紺色の制服は、犬だか猫だかの毛だらけ!
肩からかけているスポーツバッグは、そのコーティングが剥げているのだか、汚れているのだかわからない、不思議な色をしています。
決して触れたくはないそのバッグと制服が、あたしの目の前でチラチラ動くのです。
挙句の果てに、手の甲がかゆくなったのでしょうか、制服のお腹のあたりで手の甲をこするのです。
すると、制服についている犬だか猫だかの毛が、明るく輝く光の中に、フワフワと舞い踊っていくのが見えるのです。
君ぃ!動かないで!静止していてください、お願いですから!!
心の中で何度叫んだことでしょう。
イライラ・・・

最高に気持の良い朝のはずだったのに、最悪の45分間を過ごすはめになりました。
こんな事の後には、きっとステキな事が・・・起きてくれれば良いのになぁと願う、一日の始まりでございます。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-10

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。