Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこた

いつまでも、ダラダラと暑い日が続いていましたが、数日前からグググッと冷えてきました。
家でゴロリとしていると、「サブッ!」と思わず毛布を羽織りたくなります。
いよいよ登場の季節です。
『お・こ・た』!

子供のころ、親戚のおばちゃんのお家にあった「掘りごたつ」は、炭が底においてあるとっても原始的な『おこた』でした。
「触ったらあかんえぇ」と注意されて、おそるおそる『おこた』に入っていたのですが、あの温かさと炭の匂いは、何十年経った今でも覚えている、セピア色の思い出です。

こんなことを考えながらテレビを見ていると、「のだめカンタービレ」ののだめが、『おこた』を抱えて千秋先輩のお部屋へやってきました。
『おこた』経験のない千秋さまは、その魅力に取り付かれてしまいます。

千秋さまによると、『おこた』は室町時代より日本の暖房器具として庶民の生活に根付いたということです。
一度入ったら、抜け出すことのできない『おこた』。
幸せな温かさで体を包んでくれる『おこた』。
つい、夢見心地のまま、とんでもなく怠惰な生活を送ってしまいます。

人間を堕落させる『おこた』を、ゴミ置き場に捨てに行く千秋さま。
しかし、また舞い戻ってくる『おこた』。
そうです、あたし達日本人は、『おこた』と切っても切れない縁で結ばれている、ということを、「のだめカンタービレ」は見事に語っているのです!!

あたしも早く、『おこた』に入りたいです。
だけど、まだ出してもらえないうちの『おこた』。
「まだ、要らん!」の一言で却下されてしまった『おこた』の登場。
待ち遠しいです、『おこた』に入れるその日が。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-11

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。