Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式記念日

恥ずかしながら、私事で申し訳ございませんが、結婚式記念日です。
勝手に思い出綴りをいたします。
長々となりますので、適当に読み飛ばしておいてください。
まとまりのない駄文で、あほらし~い内容になりますので、放置してくださいませ。

1996年は、あたしにとって人生で最も充実した一年だったように思います。
おそらくこれから先も、一年を通してあんなに忙しく、あんなに楽しい年はやって来ないと思うくらい、密度の高い12ヶ月を過ごしました。

95年の秋から96年5月にかけて、とっても大きな仕事にとりかかっていました。
4月、5月は、会社近くのウィークリーマンションを自費で借りて、毎日10時、11時まで仕事をする日々が続いていました。
さすがに、大阪のオフィスから1時間余りをかけて京都の自宅に帰ることに疲れていましたので、初めての一人暮らしを経験してみたわけです。

プライベイトでも、95年夏に出会ったやっちゃんとの結婚話が徐々に進みつつありました。
30を過ぎてずいぶんになるのに、ちっとも嫁に行く気配のなかった娘の両親は、やっちゃんが初めてあいさつにやって来て、例の決まり文句「お嬢さんを・・・」と発言するチャンスも与えずに、待ってましたとばかりに「ほんで、式の予定はいつや?」と切り出したものですから、やっちゃんは今でも「お前を嫁にくれとは言うてない」と言います。

そんなこんなんで、挙式は秋頃に・・・と両家で話しがまとまりました。

が、時は4月。
あたしは猛烈に忙しい日々の真っ只中でした。
だけど秋となれば、急いで場所探しです。

時を同じくして、やっちゃんは職場の研修で4月から5月にかけての1ヶ月余りを東京で過ごすことになったのです。
その時期に、そりゃぁ、もう大変!
あたし一人で、あれやこれやと動くハメになってしまいました。

結婚式は、あたし、絶対に教会でやりたかったのです。
ホテルのチャペルや、ブライダル専用の似非教会ではなく、本当の教会で。
大阪の交通の便のよさげな教会をリストアップし、訪ね歩きました。
が、予想どおり、一般の結婚式はやってませんとか、秋の挙式予定はいっぱいですとか・・・なかなか引き受けていただくことができませんでした。

ある教会を訪ねた時、コテコテの大阪のおばちゃんって感じの牧師先生の奥さんに「悪いけど、うちは関係者しか結婚式せぇへんねん。」と冷たくあしらわれました。
だけど牧師先生に会わせて下さいと食い下がり、聖書の勉強会に参加させていただくことになり、先生に会って直接お願いしたのです。
いろいろ話していると、先生も、そのコテコテのおばちゃんも、あたしも、卒業した大学が同じだったことがわかったのです。
するとおばちゃん、ガラリと態度が変わり、「よっしゃ!同じ大学の関係者や。結婚式、させてもらいましょ!」と言って下さったのです。
あの時は、ほんとに嬉しかったです。

その教会、本当は由緒ある教会なのですが、梅田の怪しげな飲み屋街を抜けたところにあるのです。
そして、教会をあまり知らない人が思い描くような、ステンドグラスやとんがり屋根、ステキなお庭のロマンティックな教会とは程遠いものでした。
だけど、幼稚園も併設され、礼拝堂は歴史を感じるどっしりとしたもので、あたしは立派な教会であることを確信していました。

ところが、やっちゃんが大阪へ帰って来て、その教会へ連れて行った帰り道、「あれ、なんちゅう教会やねん。ぼろっちいし、ステンドグラスはないし、あんなとこで結婚式したいんか!」と言われ、あたしは大泣きしたのでした。

だけど、「結婚式は女性の為のものやから、お前が好きな用にやったらええ」という考えだったやっちゃんは、「お前がええのやったら、それでええ」と、最終的は納得してくれたのです。

さて、教会が決まれば披露宴の会場です。
教会から歩いて移動していただける大阪駅近くのホテルに決定。

5月の仕事が一段落した後は、本腰を入れて結婚式に向けての準備です。
場所が決まれば、旅行です。

夏に旅行したかったので、11月の挙式に先行し、8月末から2週間、ドイツ、スイス、フランスをのんびりと旅してきました。
やっちゃんにとっては初めての海外だったものですから、向こうにいる間は、あたしが全ての主導権を握っていました。
かわいいもんでした、あたしがいないと何もできない大の男!

あたしが大好きな南ドイツのロマンチック街道をやっちゃんも気に入ってくれました。
山のハイキングを楽しんだスイスでは、あたしのとっても大事なお友達にやっちゃんを紹介することができました。
パリでは「フランス人、クソくらえやなぁ!」という出来事がいくつか起こりましたが、セーヌ川でのクルージングディナーは、とっても楽しい思い出になりました。

そして秋。
ウェディングドレスをめぐって、当時まだオデブだったあたしには、トラブルが起こるわけです・・・えぇ、えぇ、ほんとにもぉ・・・

で、無事に挙式当日を迎えます。

何をどう間違ったのか、教会はその日、バザーの開催と重なってしまったのでした。
だけど、コテコテのおばちゃんの計らいで、バザーの時間を短縮し、あたしの結婚式のためにちゃんと時間と場所を確保してくださいました。
そして、バザー終了後、教会の皆さんで式場である礼拝堂の準備をしてくださり、その見知らぬたくさんの人達が、あたしたちの結婚を祝福してくださいました。

披露宴にはお呼びすることのできなかったお友達も、教会には来てくれました。
牧師先生の厳粛なる司式の下、誓いの言葉も間違えることなくちゃんと言えました。
指輪もちゃんとはめることができました。
合唱仲間にお願いした賛美歌に、参列の皆さんは感動してました。
いい式だったなぁと、思い出すとじぃ~んとしてきちゃいます。

披露宴は、とっても楽しいパーティになりました。
会場のカラーコーディネイト、手作りの席札とメッセージカード、キャンドルサービス代わりの金太郎飴配り(これ、二人の似顔絵を元に作ってもらったのです)。

やっちゃんの甥っ子の作文朗読は、会場を爆笑の渦に巻き込みました。
うちのフランス人の社長の祝辞は、本人、日本語全然できませんので、書いたものを日本語に訳してもらい、それをローマ字で書いてもらい、意味わからないまま読むもんですから、聞いていてもワケわからん箇所がたくさんあり、これまた爆笑です。

司会は、5月の仕事で少しお手伝いをいただいた落語家さんにお願いしました。
そりゃぁ、普通の司会者とは違い、笑わせる、笑わせる!
お色直しの間には、独楽(コマ)回しを披露してくださり、めったに見る事のない素晴らしい伝統芸にやんややんやの大喝采!

合唱仲間の登場に、花嫁も加わっての大合唱。

お涙頂戴の花嫁から両親への手紙・・・そんなこと、このあたしがするわけありません。
最後は花婿やっちゃんの挨拶で、ピシッと締めました。

あぁ、ほんとに楽しい一日でした。
あたしの思うまま、好きなようにやらせてくれたやっちゃんとやっちゃんの両親に、感謝です。

結婚式の翌日は「入籍記念日」です。
二人で役所に行って、婚姻届を提出しました。
ですので、10日と11日、両方をうちの「結婚記念日」としています。

式が終わり、ほっと息をつく間もなく、年賀状です。
「結婚しました報告」を兼ねての年賀状です。
これも、お決まりのよくあるパターンではない、こんなイメージで・・・というのがあたしの頭の中にありました。
写真を選び、仕事でお世話になっている印刷屋さんにあれこれと注文し、ほぼ、イメージ通りのものを作る事ができました。

そんな最高におもしろかった1996年から10年が経過したわけです。
ついこの間のようです。

11年前のあたしは、おそらく結婚することなく、仕事に没頭するオンナの一生を送るんだろうな・・・って思っていました。
だけど、やっちゃんと出会い、二人の生活を始め、仕事はほどほどに、私生活をもっと充実したいと思うようになりました。

本当に楽しいのです、やっちゃんとの暮らし。
なんでこんなにアホなんやろ、うちの夫婦・・・って思うこと、よくあるんです。
よくも、こんなおもろい人をあたしの目の前に登場させてくれたものだと、神だか仏だかご先祖だかに、心から感謝したい気分です。

なので、この二人の生活が、もっともっと楽しく、おもしろおかしいものであることを願うばかりです。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-11

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。