Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスのおすすめ

以前にチョロリと書いたことがありますが、あたしはキリスト教主義の学校を卒業しました。
そして、これも以前にチョロリと書きましたが、中学の頃から合唱を続けています。

ということは、この季節になると・・・

中学・高校時代の学校でのクリスマス礼拝は、イエス・キリストの誕生の次第を、無言劇と聖書朗読と賛美歌で繰り広げるというものでした。
あたしたち合唱隊が白いガウンをまとい、ロウソクを手に賛美歌を歌いながら真っ暗な礼拝堂に入堂することから始まります。

この、クリスマスにつきもののロウソクの光は、暗黒の世に生まれた一筋の光、つまりイエス・キリストの誕生を意味するものであり、真っ暗な礼拝堂に一歩、一歩入堂するというのは、真っ暗な世に徐々に光が広がっていく様子を表現していることでもあるのです。

旧約聖書の時代に、やがて救い主がこの世に現れることが予言されます。
神に選ばれたマリアの体内に、予言を成就するべく神の子が宿ります。
天使ガブリエルが、そのことをマリアに伝えます。
マリアは馬小屋で子供を産みます。
この救い主の誕生を祝い、羊飼いや博士らが、ひときわ輝く星(クリスマスツリーのてっぺんの星がそれ)を頼りに、馬小屋で生まれた神の子を拝みにやってきます。
羊飼いは階級の低い人々、博士は階級の高い人々を表していて、万民がイエスの誕生を喜んだことを示しているのです。

合唱隊として、こんなに神秘的な物語の語り部の立場で参加したことで、クリスマスにお祭り騒ぎするだけじゃ物足り無いあたしが出来上がってしまいました。

大学では、このような無言劇ではありませんでしたが、やはりクリスマスには特別の大きな礼拝が執り行われます。
そこでも、聖歌隊の一員として参加しました。

また、まさしく救い主を意味する「メサイア」(ヘンデル作曲)を毎年クリスマスの頃に演奏する学内のグループにも属していましたので、11月から12月にかけては練習に明け暮れる日々を送っていました。
大学を卒業してから30を越えて数年経った頃まで、このメサイアには参加させてもらっていましたので、あたしの青春時代のクリスマスは、いつも音楽で満ち溢れたものでした。

今年、ヒョンなことから、卒業した大学で行われるクリスマス礼拝で、市民合唱団の一員として歌うことになりました。
大学の半分が京都の郊外の町に移転し、そこでのクリスマス礼拝には、町の人々や子供たちも合唱隊として参加できるようになっているのです。
あたしは7年前にこの町に引越してきました。
大学とは何の関わりもない生活を送ってきました。
だけど今年、初めてそのことを知り、これが黙っておられるか!
てなわけで、今日、その練習に初めて参加してきました。

クリスマスの賛美歌を練習し始めると、次々と昔の思い出が頭をよぎります。
そして妙な幸福感が体中を包みます。
やっぱり、クリスマスはこれなんです!

どんなに大きなクリスマスツリーより、どんなにキラキラのイルミネーションより、クリスマス礼拝は神秘的で最もロマンチックなものだとあたしは感じます。

静かにロウソクの火を見つめながら、この世に送り出されたイエス・キリストという人のことを思い、この日を迎えることの意味を静かに考えてみるのも悪くはないものです。

キリスト教会は誰にでもオープンです。
大きな大学での礼拝じゃなくっても、小さな教会でも心温まるお話しを聞く事ができます。
時は師走、1年を振り返る良い機会でもあります。
たまには、教会でクリスマスを過ごしてみること、あたしのおすすめです。

念のため記しておきますが、あたしはクリスチャンではありません。
心から神さまの存在を信じ、イエス・キリストさんを崇めているわけではありません。
だけど、せめてクリスマスだけは、こんな気分で過ごしたいと思うのであります。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2006-11

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。