Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンパンッ!

この人みたいになれたらなぁ、と思う友人がいる。
その人はいつも、ホニョォ~としている。
頼りないのかな?と思うとそうでもない。
人と話しをしている時、「ふぅ~ん、そうなんや。へぇ~、すごいねぇ」「あたしにはできないから、お願いするわ」と、強く自分を押し出すのではなく、相手に同調し、上手に人に任せることを基本としている。
でも、ここぞという時には、「あたしはこう思うねんけど・・・」と言いたいことを示しておいてから、「でもあたしの言うことは適当に流してくれていいよぉ」と言う。周りの人間には、「あ、この人はこんな風に考えてるんだ」と印象に残る。それって、一歩引いてはいるけれど、賢くイヤミなく自分の意見を主張しているように、あたしには思える。

例えば空気が抜けているボール、デコボコの坂道を転がしてみる。道のデコボコにあわせて形状を変えながら、ゆっくりではあるかもしれないけれど、確実に坂の下まで転がっていく(ような気がする)。

一方、はち切れんばかりに空気がパンパンッに入ったボール。勢いよく坂道を転がっていくだろうけれど、デコボコやちょっとした障害物に触れると、弾けてとんでもない方向へ飛んで行くか、「パンッ!!」と破裂してしまう(ような気がする)。

あたしという人間は、何事にも一生懸命なのはいいけれど、だから余裕がない。
いくら良かれと思ってやっていても、わからないヤツラにはわからないことが沢山あるってこと、わかってはいるのだけれど、余裕がないから腹が立つ。

だから、ちょっと空気を抜いて、周りのデコボコにあわせることができたらいいのに。
積極的に動くのではなく、言われたことだけ「はいはい~」とできたらいいのに。
「またアホなこと言うたはる」と思っても聞き流せたらいいのに。
おかしなことを「それはおかしい」と言わずに、ほっとこぉ~、と思えたらいいのに。
疑問を持たずにいられたらいいのに。
本当はそんな風にすること、あまり好きじゃないのだけれど。

デコボコが激しすぎると、かなり沢山の空気を抜かないと転がることができない。
どれくらい抜けば丁度良くなるのか、これがなかなか難しそう。

脱パンパンッ希望!
あの人みたいに、賢く空気抜き、できる日がくるのだろうか??
あの人なら、どんな坂道でもきっと、ホニョホニョォ~と上手に形状を合わせながら、下まで転がっていくのだと思う。

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。