Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

年を重ねると、一年の過ぎ行くのが早いこと早いこと!
2003年のお正月が、ついこの間のよう。

今年は、さっち両親と共に倉敷へ旅行に行って、年越しをした。
大晦日の午後から出かけ、2日までゆっくりと過ごした。
宿泊した旅館では、餅つきや獅子舞という、なつかしいお正月ならではの演出があった。
チボリ公園でも、様々なイベントが繰り広げられていた。

《餅つき》
杵にお餅がくっつき、臼からビヨォ~~ンとお餅が伸びる様を想像していたのだけど・・・
「お前、あほか。あれはマンガや。そんな伸びるわけないやろ」とつっこまれた。

《獅子舞》
子供の頃、お正月が来ると母がよく言ってた。
「お兄ちゃんは、小さい時にお獅子に頭を噛んでもろたんよ。ほんで賢くなったんや。さっちは噛んでもろてへんからなぁ・・・」
暗にさっちはアホやと言わんばかりであった。
この年にして、お獅子に頭を噛んでもらった。今年のさっちは一味キレが違うかも!

《振舞酒》
チボリ公園ではお酒が振舞われていた。
「おめでとうございます。一杯いかがですか」というサービスに、「未成年なんですけど、もらっていいですか?」というやっちゃん。キョトンとした顔のお姉さん。ノリが悪いのぉ~~~!

《子供神楽》
備中神楽とやらの子供神楽が演じられていた。「神楽」というものをじっくり見る事が今までなかったのだけれど、これはなかなかのものであった。
お面をつけて踊る子供達、太鼓をたたきながら長くむずかしい言葉でうたう子供達。よぉおけいこしたんやねぇ~と、心から精一杯の拍手をおくってあげた。
地方の伝統を受け継ごうとしているこの子達が、10年後、今にもずり落ちそうなズボンをはいて、コンビニの前や電車の中に座り込んでいないことを願う。

《天領太鼓》
すごい!中学生位のお兄ちゃんが、伝統の和太鼓を力強くたたく。そのあと参戦するのが、小学校低学年の弟くんのドラム。和太鼓とドラムの競演。これはものすごい演奏であった。
かなり有名な兄弟らしいが、まだちっちゃい弟のあのリズム感には驚かされた。
和太鼓の音がお腹にズンズンと響く。たたいているお兄ちゃん、めちゃかっこよかった。よっ、日本男児!!

お天気に恵まれ、ミニコンサートや、本格的なオーケストラによるお正月コンサートなど、盛りだくさんのイベントを訪ね歩く一日が終った。

良い一年になりますように・・・

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。