Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルディナー

一日遅れの金婚式の祝い。

父は50年前の新聞を、「こんなものが手に入るんか、ほぉ~」とおもしろそうに読んでいた。
母はケースに入れたお花を、どこに置こうかとウロウロ。結局玄関の飾り棚に置いていたクマちゃんの所にケースを置き、その上にクマちゃんを乗せることで落ち着いた。

お食事タイム。
ホテルのコースディナーなんて、久しぶり。
昔は仕事関係で、そんな食事する機会がよくあったものだった。
がここ数年、結婚する友人もなく、そんなディナーに連れてくれる「いいヒト」もなく、全くチャンスがなかったのである。

うぅ~ん、至福の時!!

夜景が見える窓際の席。記念日のお祝いにとホテルがサービスしてくれたシャンパン。お店の人の丁寧な対応。これだけで、豊かな気分になれるあたしは幸せな人だ。

ソムリエが持ってきたワインリストには、1本数万円というボルドーやブルゴーニュの有名なシャトー物がずらり。味がわかる人種ではない我々。
「赤やったら何でもええねん、安いのん持ってきて」という気持ちを隠し、上品に微笑み、客の威厳を損なわない丁寧な口調で、「好みがこれといってあるわけではございませんので、お手頃なお値段の赤を、お任せしますので選んでいただけますか」と注文。
ソムリエは、リスト中一番安い物を薦めるかと思ったのだが、3番目に安い9500円を薦めてきた。チッと思いながら、「それでけっこうでございます」と答えるお嬢。
3番目に安いワインで十分。スーパーで買う580円のワインよりずっとまろやかで上品な味。酒市場マルシェなら3000円位で買えるワインなのだろう・・・

運ばれてくるお料理のどれもが申し分のない物であった。中でもお肉料理の上に乗っかったフォワグラは、あたしを天国へと導いた。大好きなのだ、この脂肪肝。母はこれが好きではないので、さっさとこちらのお皿に頂戴し、あのマッタリした甘さをゆっくりじっくり味わう。

食後のチーズもあれこれチョイス。青カビが一番好き。

やっちゃんがデザートに選んだクレープシュゼットは、目の前で調理される。火のついたブランデーがクルクル剥いたオレンジの皮を伝って流れ落ちるというパフォーマンス。目にも鼻にもおいしいオレンジ風味。あたしの抹茶プディングも、とっても美味であった。

3時間半に及んだ食事は、心もお腹も一杯に満たしてくれた。
たまにはこんなのもええもんよ。

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。