Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50年・・・

体育の日が体育の日でなくなってしまった本日、さっちの両親は50回目の結婚記念日を迎えた。50年前、まだ「体育の日」として制定されていたわけではないのだが、あたしの頭の中では、この日はずっと「体育の日=親の結婚記念日」なのである。

一日遅れの明日、ささやかなお祝いをすることにしている。

アメリカにいる兄貴と、何をしようかとメールで何度もやりとりした。最初、50年物のワインを贈ろうと、それを扱うサイトで情報提供を依頼。いくつかの商品がメールで紹介された。ボルドーの赤で、お値段もまぁまぁか、と思う物があったので、兄貴に「これでええかなぁ?」とメールしたところ、「おまえ、それ、ほ、ほ、ほんき?」との返事。ん?とよくよく見れば・・・ゼロの数が違っていた。3万じゃなくて、30万やんけ!都合の良い目を持ったものだ・・・ワインをこよなく愛す老夫婦でもないので、この案は却下!

兄貴から別の案。海外では、記念の植樹をしたり寄付をしたり、また当時の新聞を美しく装丁して贈る、という祝い方があるらしい。そのメールを受け、さっそく50年前の京都新聞のコピーを取り寄せた。さっち父は、きっとその新聞を隅から隅まで読んで、昔を懐かしく振り返るだろう。美しい装丁サービスはできないものの、コピー代と送料でたったの2240円也。

それだけでは愛想がないので、プリザーブドフラワーの花カゴを手作りした。お店に頼めば15000円は下らないくらいのアレンジメントが、材料費だけでたったの6000円也。生花のアレンジより面倒ではあるが、作るの大好きなさっちにとっては楽しい作業なのであった。

兄貴家族から届いた写真入りのお祝いメッセージの文書を、光沢紙に印刷して持参。

食事は上等なホテルのディナーへドッカ~ンと御招待!こんな機会でもないかぎり、そんな所で食事する機会もないし、エ~イ!と予約を入れてしまった。すると、アニバーサリープランというのがあり、ホテルからもちょっとしたプレゼントと記念写真のサービスがあるらしい。らっき~

でも、両親にとっては、兄貴とあたしがいろいろ相談して、ささやかではあるけれど、思い出に残ることをしてあげる、ってことが何より嬉しいんじゃないだろうか。

来月7回目の結婚記念日を迎えるさっちである。金婚式を迎える2046年、あたしはやっちゃんとふたり、30万円のワインでお祝いするわっ!
生きてるかなぁ・・・

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。