Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のある日

京都の街、御池-河原町-四条-烏丸という大通りに囲まれた地区を、久々にぶらぶらと歩いてみた。左上の烏丸御池から、右下の四条河原町まで、碁盤の目状に交わっている通りを、縦横にギザギザと曲がりながらうろついた。

左上の方に、いつの間にか「新風館」というファッション空間がオープンしていた。シンプルでおとなしい煉瓦調の外観であるのだが、一歩敷地内に入るとそこは、南カリフォルニアの明るさを思わせるような異空間であった。四方を建物に囲まれたオープンスペースに黄色いパラソル、黄色い旗、大きな階段、大きなスクリーン。こんな不思議な空間が京都にできちゃった・・・

3Fのギャラリーでは、福山雅治がシドニーオリンピックで撮影したという写真の展示会が行われていた。躍動感溢れる写真の数々であった。

新風館を出て、右に左に、右に左にとあみだくじのごとく進んで行った。

久々に歩く風景に、ハッとするものを感じるだろう、それを写真に撮ろう、と思って歩いたのだが、やっぱり見慣れた風景に何も感じるものはなかった。ごちゃごちゃした電線、古ぼけた町屋の玄関。あたしの感性は、何かを感じるほど素直ではないのだろうか・・・

汗をふきふき、右下の四条河原町近くの錦市場へ。滋賀県に嫁いだ友人の実家がそこにある。裏の住居の扉をなれなれしくあけ、「こんにちはぁ~」と声をかけると、奥からおばちゃんが「暑かったやろぉ、さ、一服しよしぃ~」と、あの頃とかわらない声で居間へと招いてくれた。

彼女の実家は八百屋さん。めずらしい京野菜の写真でも撮らせてもらいたかったのだが、残念ながらあまりおもしろいものはなかった。「お盆の直前なら、お供え用のおもしろい野菜がぎょうさんあるさかい、またその頃に来よしなぁ~」とおばちゃんが言ってくれた。

友人とランチにでかけ、また店に戻ると、「あんたとこの晩御飯も作っといたさかい、持って帰りやぁ~」とおばちゃん。
上等の鱧にフライの衣をつけて用意してくれていた。きんぴらゴボウとしおこぶも、ふたつき容器に入れてくれていた。

ひとしきりのおしゃべりを楽しみ、帰宅する。
おばちゃんのおかげで、夕飯の心配もいらない。これって、主婦にとっては一番ありがたいことだわ。

「おぉ、このきんぴら、うまいなぁ!」と休日出勤していたうちのやっちゃん。
あたしのきんぴらは、まずいんかい・・・

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。