Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨は何処へ?

まだ梅雨が明けていないというのに、すっかり『盛夏』と言わんばかりの一日であった。

昨年の夏も訪れた、宇治の『三室戸寺』に出かけた。
6月の紫陽花が季節を終え、今は蓮が多くの人の目を楽しませている。
もちろん、カメラを携えての訪問。

30分余りの山越えの道、木々の緑と木漏れ日、そして青空を満喫できる、それはそれは楽しいドライブであった。
Tシャツの腕を肩までまくりあげた青年が、バイクで前を走っていた。
その姿に遠い昔の『夏』を思い出した。
バイクの後ろにまたがり、信州の山道を走り抜けた、あの『夏』がついこの間のように脳裏に浮かんだ。

お寺の境内では、美しく咲いた蓮の花に、多くの人がカメラを向けていた。
立派なレンズがズラリと並ぶ中に、あたしの小さなカメラも仲間入り。
立ったりしゃがんだり、望遠レンズに交換したり、絞りのダイアルを回したり。。。
カメラは小さくても気分は一人前のカメラマン。

蓮の葉っぱにお酒を入れて、茎から飲む『蓮酒』が1000円で振る舞われていた。
あの暑さの中でさすがのあたしでも、お酒を飲む気にはならなかった。
冷たいビールならトライしたかも。。。
けれど、見知らぬおじさんの楽しそうな顔を、少し離れたところから望遠でスナップ!

青い空と塔を背景に、すっくと伸びた蓮のつぼみをスナップ!

大きく開いた花を、ズームアップでフレーム一杯にスナップ!

時間を忘れてしまっていた。
ふと我に返ると、すでに2時間が経過していた。
まだまだそこで、あれやらこれやら撮りたかったけれど、お腹を空かしたやっちゃんの機嫌が悪くなりそうな気配に、後ろ髪をひかれる思いでお寺を後にした。

梅雨の晴れ間と言うには暑すぎる一日、日焼けした肩がちょっとヒリヒリしているけれど、大好きな夏を実感できる、楽しい休日であった。

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。