Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い色の思い出

今日はしんどかったので、1時間早く仕事を終わらせてもらった。

帰りの電車は、いつもより1時間早いというだけで、乗客の層も量も全く違うものだ。ゆったりと座ることができた。すっきりしない頭で何も考えることなく、ぼぉ~っとしていた。

5時半という時間、車外はずいぶん暗くなったものだ。ふと我に返ると、向かい側のガラス窓に自分の顔が映ってる。風邪のせいなのか、それともこれが普通なのだろうか・・・変な顔。ちょっと表情を変えてみるが、やっぱり変な顔。風邪のせい、風邪のせい・・・と自分にいいきかせる。

電車が大きくカーブを曲がった時、ガラス窓に映る変な顔の背景が、いきなり真っ赤に染まった。驚いて後ろを振り向いた。なんときれいな夕焼け!振り向いたまま、しばらく見つめていた。

赤、朱、オレンジ・・・なんと表現すればいいんだろう。<夕焼け色>というしかない、あの心に染みいる色。

   夕焼け小焼けのあかとんぼ・・・・・

日本人なら、きっと心に流れるだろう、あのメロディ。そのメロディをBGMに、子供の時に見た風景が目に浮かぶ。

小学校の裏山、稲刈りあとのたんぼ、公園の隅の秋桜、天神さんの池
缶けり、なわとび、ケンケンパァ、・・・・
また明日~と友達と別れ、夕日に背中を押されて家に帰るあの道・・・

どの風景も、まさに絵に描いたように<夕焼け色>に染まっている。よく覚えているなぁと関心するけど、あの色には記憶の扉を開ける、そんな魔力がひそんでいる。そして<夕焼け色>が似合う思い出があることを嬉しく思いつつ、赤い空を見つめていた。

「あぁあ、今からまた晩ご飯の用意せんならんなぁ・・・」
「あんたとこ、今日は何すんのん?」
前に座っていたおばちゃんの会話で、現実へと引き戻された。仲良し4人組で、どこかへおでかけだったのだろう。主婦が家に帰らなければならない、ギリギリの時間だったのである。そういえば、あたしも今晩、何にしよう・・・・と考える。

いつもの帰宅時間だったら、見ることができなかった風景。
風邪でしんどかったけど、なんだか得をした気分であった。

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。