Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクトルウォッチング(その1)

いろんなお医者がいるものです。
患者の立場としてはすがる思いで接する先生様であります。
が、ウォッチングするには格好の素材じゃない?という素材がウヨウヨしておいでなのであります。
今までに出会った素材を、少しずつ思い出してみようと思います。

まず第一弾は吉田先生(仮名)です。

大学病院の整形外科部長でいらっしゃいます。
ふつう、大きな病院の外来診療は夕方5時頃には終了のはず。
ところが吉田先生が担当する曜日の外来は、真夜中まで続くのです。
「4時-5時」という時間帯で予約をとっていても、その時間に行く必要は全くありません。
仕事を定時に終えて、ゆっくりと病院へ。
到着は6時半頃になりますが、待合ロビーには受診待ちの患者さんがまだまだあふれているのです。
ここは、町の整形医院?というような風景なのです。
6時半に到着して、8時前に順番がまわってくればめちゃめちゃラッキー!
9時をまわることなんてザラなんですから。
それを見越して、8時や9時頃に病院へやって来る患者さんもいるものですから、結局、全部終わるのが夜中になることが度々という状態のようです。

こんなひどい状況にもかかわらず、なぜ文句も言わずに患者さんは来るのでしょう。
腕が確かであるだけではなく、それは吉田先生の人柄なんでしょうね。

いつも優しそうな笑顔で迎えてくださいます。
じいさん、ばあさんのどうでもいい話しにも、「ふんふん、そうかぁ。それは大変やったなぁ」と丁寧に対応されます。
患者いっぱい待ってるねんから、そんな話し、聞いてあげなくてもよろしゅうはございませんか・・と内心思うのではありますが。

あたしは、月に一度、首と肩に注射を打ってもらいに行きます。
注射だけなら、看護婦さんに任せてしまう先生もいらっしゃるかと思いますが、吉田先生は、どの患者さんの注射も、全て自分でなさいます。
その注射の、わずか3分ほどの時間のために、何時間も待つことになるのです。

首と肩の注射、脳天にズッコ~ンと何かが刺さるように、めちゃくちゃ痛いのです、これ。
注射針を見た途端、体中の毛穴がキュッと締まるほどの緊張が走ります。
すると吉田先生の声が聞こえてくるのです。

「さぁ、がんばろうなぁ。がんばって、直そうなぁ。」
「痛そうな顔やなぁ。もうちょっとで終わるからな、がんばろうな」
「注射の後はフラつくから、ちょっと休憩して帰りや。気ぃつけて運転しなあかんで」

一人一人の患者に、こんな励ましの言葉を惜しみなくかけてくださるのです。
何時間も待たされたって、この先生でなきゃあかん、と思う患者の数がどんどん増えていくのも、理解できるワケです。

先生の机の上には、ひと口かじったパンと、皮もむかないままのバナナが置いてあるのを何度か目にしました。
お昼ご飯さえ食べる時間を惜しんで、外来患者の診察をしてくれたはるんだなぁ、ほんまにありがたや、ありがたや・・・です。

こんな状況ですので、看護婦さん達も大変なのです。
患者からは、「まだですか」と何百回もたずねられ、順番が近づいたら電話くれと頼まれたり、そりゃぁもう大変です。
吉田先生の外来日にローテーションがまわってきたら、アイタタタ・・・と思っているのではないでしょうか。
気持ちはわかります。ほんとうにお疲れさまです、と思います。

だけど、患者に不機嫌をぶつける看護婦さんがいるのです。
あいさつもしない、「お大事に」という一言さえない。
まだかなぁ・・・って順番を尋ねても、返事が返ってくるまでに15分も待たされたり・・・

吉田先生、あの人の脳天に、ズッコ~ンと一本、痛~い注射を打ってやってくれませんかねぇ?

コメント

医者の問題は良くありますが、そんな話を聞くとやっぱり嬉しいですね。
医者の為の患者ではなく、患者の為の医者である。
そんな姿勢を見せられたら何もいえないですね。

昔、腕をカッターで激しく切った時、近所の病院に行ったのですが、
先生が止血もせずにすぐに縫い合わせてくれ(実は腱まで切れていたのですが)、
流れてくる血がみるみる縫合した傷口に風船のようにたまって、
先生、それを指で押してならそうとした瞬間、
傷口からピュッと血が噴出して先生の眼鏡に…。

「それじゃ、ドリフだろ!?」と内心思いましたよ。

すごいなぁ~、その先生

病院と名の付くとこに行くと、不安でいっぱい^^
それでも、看護婦さんや、先生が優しかったりすると、不安も和らいでくるよね。。。
大人になっても、「痛い?」って聞いちゃって、「大丈夫」って言われるとなんかホッっとするもんね^^;
私は、歯医者さんが一番苦手です(T_T)
あの、キキィって音が聞こえてくるだけで、ビビリます^^;

★コメントおおきに~★

>ダディーズドリームさん
そうなの、そうなの、そうなんです。
ほんとに吉田先生は、神様のような人です。
こんな先生ばかりだといいのになぁと、つくづく思うのであります。
でも、じいさん、ばあさんのお話聞くのは、ほどほどに・・・と申し上げとぉございますが(笑)

>八咫烏さん
うげっ!
その処置って、正解だったのですか?
しかし、しかし・・・・ドリフをナマでやっちゃってくれるとはね~(笑)
実は、それに似たこと、あったんですよ、うぷぷ(^m^)
次回のドクトルウォッチングをお楽しみに~♪

>まみ
ほんまに、病院では先生や看護婦さんが頼りなんです。
先生がこんなだから、看護婦がウザくってもガマンできるんよね。
でも、先生がこんなじゃなかったら、あの看護婦も、もっと親切なのかもね。
歯医者はあたしも嫌い~~
好きな人、おらんやろ?

安心して任せられる先生ですね。
私も持病があって今春からやっと年に1回通うことになったんですが、ちゃんと説明してくれて話しも聞いてくれて、とっても親切な先生なんです。
患者は先生によって病気っが治るケースもある程大切なものなんですよね。
いい病院じゃなくいい先生なんですよね。

最近ニュースで医療ミスなどが問題になったり
告発されたりするのを見ると、怖いなぁと思う
けど病気になったら行くしかないしね。

しかし待ち時間の長い事。
自分だったら待ってられるかなぁ・・・結構イラチ
なのです、わたし。

★コメントおおきに~★

>シュナままさん
確かに、病院じゃなくって先生ですよね!
たぶん、今までに出会ったお医者さんの中で、吉田先生はナンバーワンです。
笑顔と「がんばろうな!」のたったの一言で、患者はとっても安心できるんですよ~って、世の中のお医者様、皆様、ご認識くだされば嬉しいのですがね。

>みずいろは~ん
そうやねん、行くしかない病院だから、あたしは今回、この先生に出会えて、ほんとうにラッキーだったと思うわ。
しかし、のほほ~んしてるワリに、イラチなん?
あ、でも、イラついてる顔も想像できるわ~(笑)

うらやましい。

さっちさんは、いい先生にめぐり会えましたね e-287
親切で優しい先生ですねぇ~!
私は昔、ヤブ医者にかかってしまい・・・思い出したら
今でも腹が立つぅ~v-359 今みたいに医療ミスとかで
訴えれたら・・・e-281。ゴメンナサイ、取り乱してしまいましたe-263

★コメントおおきに~★

>うだぷーさん
そんなエライめに遭っちゃったのぉ?
昨今、医療現場の云々が取り上げられることが多いと言うのに、ヤブ医者っていうヤツはなかなか減らないようですね。
医者も人間、いろいろあるとは思うけれど、良い先生にめぐり合えるか、ヤブ医者に出会ってしまうか、これは運命なのかなぁ・・・
怒った時は、大いに取り乱してください!歓迎です(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikiboo.blog59.fc2.com/tb.php/29-dfe40dda

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。