Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンカレー

先日読んだある雑誌に、いろんな商品のパッケージについての記事がのっていた。

*クリープのビンのかたちが大きくかわり、ブライトもデザインを変えた。したがって、昨年デザイン変更したマリームも再度マイナーチェンジせざるをえなくなった。
*94年から97年(だったかなぁ?)まで、カールのパッケージからカールおじさんが消えていたという事実。誰か気づいてた?
*<なま茶>にシェアを奪われ気味の<お~いお茶>、環境問題をとやかく言われつつも、いまだに緑色のペットボトルに固執しているが、時代の流れと共にデザイン変更する日も近いだろう、とのこと。

等々、かなりのページ数を使っての考察、非常におもしろい特集であった。で、ボンカレーについてもいろいろと書いてあった。

ボンカレーといえば、思い出すのは<松山容子>。で、大塚がスポンサーであった土曜日の夜7時、「巨人の星」を思い出すのは、あたしだけだろうか?
今、あのパッケージのイメージそのままの<ボンカレーパン>なるものが某コンビニエンスストアにお目見えしているらしい。期間限定ということなんだけど、ちょっと食べてみたい気がするなぁ・・・
現在、松山容子版のボンカレーを見ることはないけれど、実は、沖縄では販売しているらしい。へぇ~~~っ!って感じ(笑)

ボンカレーゴールドの三重丸のパッケージは、野球ボールに見立てた<野球期>、わっかを重ねた<土星期>、で現在は立体的に表現した<宇宙期>というように変遷してきたらしい。

レトルトのカレーって、パッケージがいかにうまそうか・・・ってことで選ばない?だから、あたし、ボンカレーゴールドには、手を伸ばしたことがなかったんだよねぇ。定番商品なんだけど、なんか、「ほんとにおいしいの?」っていう疑いが先にたっちゃって・・・(笑)

今日の夕食、手抜きでレトルトカレーを使うことにした。スーパーで、どれにしようか・・・と迷った。でも、この記事を読んだ直後、手を伸ばさないわけにはいかないでしょ、ボンカレーゴールド(笑) なんか、あのパッケージに、なんともいえない親しみを感じてしまった午後であった・・・

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。