Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしの宇宙人

ドクトルウォッチング(その3)で紹介した、宇宙人・木村先生のお話しです。
宇宙人であるこの先生は、我々凡人の常識を全く無視するような事を、平気でやってしまわれるのです。

当時、研究室であたしと同じような仕事をしていた方が、結婚されることになりました。
木村先生も知っている方だったので、お祝いをしようと思われたのです。

Dr.K: 彼女の結婚のお祝い、いくらしたらいいかなぁ?

さっち: あたしは披露宴には行かないし、でもお世話になった先輩だし、1万円くらい包もうと思うんですけど・・・

Dr.K: あ、そう。僕は、そんなに付き合いが深かったワケじゃないから、3000円でいいかなぁ?

さっち: え?!3000円ですか? 先生のお立場でそれはちょっと・・・

Dr.K: それじゃぁ少なすぎる?

さっち: えぇ、まぁ・・・気持ちと言えば気持ちなんでしょうけど・・・

Dr.K: じゃ、4000円でいい?

さっち: なんですとぉ?!4000円?!それはあかんでしょぉ~~!!

Dr.K: なんで?なんでダメなんですか?

さっち: お祝いに「4」って数字、ダメに決まってるじゃないですか~

Dr.K: そうなの?どうしてかなぁ・・・・

さっち: 絶対ダメです!

Dr.K: ふぅ~ん、ダメなのか・・・じゃ、5000円かなぁ・・・

結局、いくら包まれたのかは知りませんが、放っておいたら、平気で4000円をお祝いに包むような、そんな人です。

ある時、投函しておくようにいわれた封筒、かなり分厚かったのです。
当時の封書の最低料金がいくらだったか・・・もう20年も前のことなので覚えていませんが、明らかにそれは、定量をオーバーしていました。
しかし、封書の郵送に必要な最低料金の切手が1枚、貼られていただけだったのです。

さっち: 先生、これ、かなり重いですよ?

Dr.K: そうですか?

さっち: これ、絶対追加料金、必要ですって。郵便局で計ってもらわなあきませんよ。

Dr.K: いいよ、いいよ、そのままポストに入れておいてください。

さっち: あかんって、先生!先方さんが追加料金、払うことになるじゃないですか。

Dr.K: そうなの?

さっち: そうですよ。そんなん、失礼じゃないですか。

Dr.K: ふぅ~ん、そうかなぁ・・・

さっち: そうですって!

Dr.K: じゃ、僕がポストに入れておくから、いいですよ。

誰がポストに入れても同じことなんですけど・・・
という凡人の忠告なぞ、どこ吹く風。
あとはどうなったか、知りません。

この木村先生に、先日手紙を書きました。
あたしの父が体調を崩し、ドクトルウォッチング(その5) で紹介したキショクワルイ先生の指導を受けているワケですが、別の病院でも診てもらいたいなぁと思ったわけです。
ただ、むやみやたらに知らない病院へ連れ行くのもよくないので、ずいぶんご無沙汰してはいるのですが、木村先生のお力を得られないものかと思い、手紙を書いたのです。
知り合いに専門の先生がいらっしゃったら、紹介していただけないかと。

今日、帰宅すると、先生からハガキが届いてました。
めちゃくちゃ懐かしい、読みにくい字でした。
毎年年賀状を下さるのですが、その宛名はパソコンで出力しているし、宇宙人なので年始に手書きで一言あいさつ・・・なんてことをするはずもないし。
手書きのあの文字を見るのは、何年ぶりでしょうか。
内容は、とりあえず詳細をまた知らせてくれということだったのですが、お愛想の一つもない、そっけない文面。
それも昔とまったく変わりないなぁと、思わず笑みがこぼれます。
返事をくださっただけでも「恩の字」ってやつです。

そのハガキというのも、旅行に行った時に買ったのか、それともどなたかのおみやげでもらったのか、中国の故宮博物館の絵葉書です。
そういえば、昔も、ちょっとした連絡に、そういった絵葉書を使っていらっしゃったことを思い出しました。

いろんなことが思い出され、懐かしさで胸がいっぱいになりました。

と同時に・・・笑いがこみ上げてきました。
やられました・・・

郵便局の通信事務のハガキがペロリとテープで貼られています。
「70円の料金不足です」と。

このハガキ、通常のものよりサイズが大きかったのです。
普通のハガキなら50円切手でよいのです。
当然のことながら、先生は50円切手をペタンと貼ってくださったのです。
が、このハガキは定型外だったのです。

宇宙人に、そんな日本の常識がわかるはずがないのです。
これで良いのかな?って疑うことすらないのです。
20年前も、そしてこれからも、ずっとこんなままなんでしょう。

こんな宇宙人が知り合いにいるってのも、おもしろいじゃないですか。一生このままでいていただきたいと思いますね!

コメント

宇宙人が知り合いにいるということの楽しさは、オイラもよくわかります(笑)
それにしてもその先生はいい先生やなぁ・・・。
オイラもこんな人好きやわ~。

浮世離れって言うのかなあ。
でも全然悪意がないんですよね。
こちらからのお願いに詳細を聞いてくるなんていい人じゃないですか。
憎めない、特異なキャラクターってことですね。

もしかすると

本当の宇宙人かもしれませんよ~。
映画『メン・イン・ブラック』のトミー・リー・ジョーンズ風に
「この星の人間は何でもない事を気にする…」とか言っているかも。

でもマイペースの中にも愛嬌が感じられて、愛すべき先生ですね。

ware ware wa...

全く、お変わりなく。ですねv-17
本当にどこの星から来られたのかなv-361
さっちさんの お父さんに、いい先生がみつかる事を祈っています。

宇宙人大侵略

本当だ!
今回は偶然にもお互いに宇宙人話ですね(笑)。
どちらの宇宙人も憎めませんねぇ。
この話を読んでいるとうちの宇宙人もいっそのこと
今のままにして放っておこうかと思います。
世知辛い世の中です。
宇宙人がたくさんいたら毎日が楽しそうです。

★コメントおおきに~★

>ハボラボさん
宇宙人、ええ先生なんですよ。
でも、ひとつ間違うと、ただの変人かも・・・
正体がわかってるから、許すことができるんですよね、この奇行の数々!(笑)

>こみさん
浮世離れ、たしかにそうかもも言えますね。
ほんとに悪意がないんですよ、この人(笑)
だけど、付き合いのない人にとっては、「非常識極まりないヤツ」に違いありません。
あのキャラは、得なのか損なのか・・・
本人、全く気にしてないから、得なんでしょうね~

>motasukeさん
あはっ!その通りかも~!!
「この星の人間は何でもない事を気にする…」って、絶対思ったはります、あの宇宙人!
顔をみせてあげたいです~ほんまに宇宙人ですから~!(笑)

>うだぷーさん
ほんと、何十年経っても、全くお変わりありませんわ、あのキャラ!
あれで、今までにどれだけの人の命を救ったことでしょう・・・と思うと、なんか不思議です。
いい先生が見つかったら、またウォッチングしますからね~♪

>morning starさん
こっちの宇宙人は、もう頭の中、イッチャッテますから~(笑)
でもそちらの宇宙人達には、せめて、せめて、お祝いに4000円はダメだとか、郵便物の料金には気をつかいましょうとか、ちゃんと教えてあげてくださいね。
まだ、われわれ地球人の常識を覚えるだけの知能を有しているはずですので(笑)

宇宙の方はせちがらい世の中の常識なんてもの
全然気になさらないんですね(笑)
でもちょっと知っといたほうがいいかも・・・って教えても
きっと無理かな~。

飄々とした宇宙人ですよね。
世の中、いろんな人がいるもんです。

浮世離れといえば。。。

うちの会社の社長もそうなのかも^^;
でも、木村先生とはちょっと違うけどね。
憎めないって言うとこは、一緒だけど、みんながそう思うわけじゃないもんね。
仕事を一緒にするってことは時には、そのことに爆発する人もいるみたい^^;
でも、仕事が出来る人は浮世離れなんてしてないんかな(笑)

やることはしっかりやって、そのかわり(!?)ちょっと跳んでる所があるっていうのは
笑い話ですむんですがねぇ…。

★コメントおおきに~★

>みずいろは~ん
そうそう、宇宙の方は地球の常識なんて「へっ!」ってなもんです。
でもね、この星で生活している間は、ちぃ~っとばかし、気にしてもらいたいんですけどね~(笑)

>kakisakasanさん
ほんと、いろんな人がいます、世の中には。
害がなければ、不思議な人々を見るのはおもしろいもんです!

>まみちゃん
人によって、許せる宇宙人と許せない宇宙人がいるもんです。
あたしはこの木村先生を笑って許せるけど、「この非常識なヤツめ!」と思う人も、きっとどこかにいると思うな~

>八咫烏さん
そうです、やることちゃんとやってれば、多少の奇行も「キャラですなぁ」と笑ってすみます。
やることやらんと、おかしな行動するやつは・・・・死刑!ですな(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikiboo.blog59.fc2.com/tb.php/55-5b0f372b

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

★さっち★

Author:★さっち★
京都のさっちでございます。
おなじみ「ピンクのぶた」!
幸せのおすそ分け、したりされたり・・・
という思いで、昔と同じ
【Glucksschewein】です。

 

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。